SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

「Sales Marker」と「pickupon」がPoCを開始 「顧客起点の営業」への変革を推進

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 BtoBセールスインテリジェンス「Sales Marker(セールスマーカー)」を開発・提供するCrossBorderは、会話サマリーAI電話「pickupon(ピクポン)」を提供するpickuponと共同でPoCを開始した。これにより、BtoBセールスにおけるターゲティングから商談獲得までの一連の業務においてインテント(興味関心)やニーズを把握することで、顧客が求めるタイミングでの適切な営業アプローチを支援する。

共同PoCの背景

 Sales Markerは、約500万件の企業データベースとインテントデータ(興味関心データ)を組み合わせて活用できるBtoBセールスインテリジェンス。ニーズが顕在化している企業にターゲットを絞り、広告・メール・フォーム・コールといったマルチチャネルを活用しながらアプローチする営業手法「インテントセールス」を実現する。

 一方「pickupon」は、顧客と電話で話した内容からAIが課題やニーズを抽出し、テキスト×音声のサマリーを作成して自動で入力・共有するサービス。インサイドセールスやフィールドセールスなどの業務において、顧客のインテントの把握を支援する。

 従来のセールス業務では、顧客のインテント(興味関心)やニーズを把握できないことで、次のような課題が生じていた。

  • 顧客の興味関心レベルにかかわらずターゲット企業のリストに手当たり次第な営業を行う
  • 電話での会話はセールス個人の解釈に依存し、ブラックボックス化する
  • 営業リスト作成から電話営業、アポイント・商談獲得までの一連のプロセスにおいて、顧客の興味関心やニーズを正しくとらえきれず、営業活動の生産性が低くなる

 このような背景からCrossBorderとpickuponは、営業スタイルの変革やセールスオートメーションの実現を後押しするため、Sales Markerと「pickupon」の連携によるPoCを開始した。セールスの業務プロセスにおいて一気通貫で顧客のインテント(興味関心)やニーズを可視化し、ターゲティングや顧客への提案内容に活用することで、売り手都合の営業から顧客起点の営業へのシフトを推進。成約率の向上および顧客に歓迎される営業の実現を支援する。

共同PoCの内容

 顧客の声を自動的にピックアップする「pickupon」と、顧客のインテントデータ(興味関心データ)を活用したSales MarkerのCTI連携によって共同PoCを実施する。

具体的な検証ステップ

  1. Sales Marker上で、インテント(興味関心)が高まった企業に対してセールスシグナルが検知され、その企業に対して「pickupon」で架電を実施
  2. 架電でのヒアリング内容をもとに、「pickupon」上にタグ(生成AIにより自動作成)を付与
  3. ヒアリング内容から生成されたタグにニーズに基づく情報が含まれる場合、Sales Marker上でもそのニーズを確認できるか検証する

 今回の検証により、Sales Markerのインテントデータに基づいたターゲティング精度の評価と、「pickupon」を活用したヒアリングによる顧客のニーズ情報の保有正確性を評価することが可能になる。また「pickupon」上に実装したChatGPT連携により、指定の情報(検討情報や競合情報など)を取得してSales Markerにデータを還元することで、Sales Marker上でのターゲティング精度向上も期待できる。

pickupon 代表取締役 小幡 洋一氏のコメント

 CrossBorder社と共に、見込み客のインサイトの解像度を向上させる取り組みは、pickuponのAI技術とSales Makerが融合することで新たな価値を創出する機会となります。このPoCは、効率的なアプローチやコミュニケーション設計を通じて、成約率の向上を実現します。この取り組みが、インテントセールスをさらに加速させ、自由な営業活動の実現に寄与することを期待しています。

CrossBorder 代表取締役 CEO 小笠原羽恭氏のコメント

「顧客起点」の営業が注目されている中で、インテントデータ(興味関心データ)を活用した「インテントセールス」、つまりニーズが高まっている企業に対するマルチチャネルアプローチの重要性が高まっています。その中でも、電話の会話から顧客ニーズを捉えるpickuponとの連携は、まさにSales Markerとのシナジーを発揮できるものでした。この取り組みが顧客起点のアプローチとセールスオートメーションの発展に繋がることを心より楽しみにしています。またSales Markerは、このたびのPoCをはじめとして、今後も様々なセールステックサービスとの連携により、インテントセールスのさらなる発展にも貢献してまいります。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5068 2023/08/07 17:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング