SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2023 Winter

2023年1月26日(木)10:00-16:00

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

Sansan、「紙トラブル番付」を発表 横綱は「なんちゃってオンライン請求書」「契約書迷子」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 Sansanは、アナログな紙書類に依存した業務で発生する「トラブルあるある」をまとめた「紙トラブル番付」を発表した。

「紙トラブル番付」は、請求書、契約書、注文書、名刺といった紙書類を扱う業務に携わる1,000名のビジネスパーソンを対象とした調査をもとに、頻繁に発生している計10種類のトラブル事象を相撲の番付形式で東西の横綱、大関、関脇、小結、前頭にまとめたもの。

 今回の調査の中で、6割以上のビジネスパーソンが「紙の書類があることで、業務上の非効率が生じている」と回答。「2023年はもっと業務のデジタル化やDXを推進してほしい」との声も8割以上から寄せられ、業務上の課題となっていることがわかった。

 また、多くのビジネスパーソンがこのような課題に悩まされている実態を受け、紙トラブルをお祓いし2023年のDX推進を祈願するイベント「Sansan DX祈願祭」を、12月20日(火)・21日(水)に東京・神田明神にて開催予定。

「紙トラブル番付」

【東】横綱:なんちゃってオンライン請求書

 データで届いた請求書を紙に印刷・押印、その後スキャンしてデータ保存・メール送付等を行う非効率なやり取り。

【西】横綱:契約書迷子

 過去に締結した契約書の中から特定の物を参照したい時に、書類・ファイルが膨大にあり見つからない、探すのに苦労する。

【東】大関:請求書スタンプラリー

 請求書の支払い承認印を役職順にもらう規定があり、押印依頼で社内を駆け回る。

【西】大関:名刺大捜索

 もらった名刺が整理できておらず、連絡を取りたい時に名刺の山を捜索する。

【東】関脇:FAX注文書 安否確認

 FAXで注文書を送付後、無事届いたかどうか、別途電話やメールで相手先に確認する。

【西】関脇:神隠し請求書

 紙で受領した請求書が紛失・行方不明になり、経理への提出期限を過ぎてしまう。

【東】小結:難読FAX注文書

 FAXで届いた注文書の手書き文字が、雑で汚くて判読不能。

【西】小結:契約書押印ストレス

 契約書に押すハンコは失敗が許されないため、押印する時に異常に緊張する。

【東】前頭:メアド打ち込み目視確認

 名刺交換した相手にメールを送る時に、メールアドレスを打ち間違えそうになる。

【西】前頭:契約書ハンコ出社

 上司・決裁者や法務のスケジュールに合わせて、契約書の押印業務のためだけに出社する。

調査概要
  • 調査名:「紙書類のトラブルに関する調査」(本調査における紙書類とは、請求書、契約書、注文書、名刺を指します)
  • 調査方法:オンライン上でのアンケート調査
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:ビジネスパーソン男女1,000名
  • (法人営業、購買・営業企画、総務・法務・経営企画、経理・財務 各250名)
  • 調査期間:2022年11月2日~2022年11月7日
  • 調査企画:Sansan株式会社

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4320 2022/12/05 05:30

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2023年1月26日(木)10:00-16:00

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング