SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

Slack-First Customer 360の連携強化、およびSlackの新機能を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 米国セールスフォース・ドットコムは、Salesforceの製品や業界向けソリューションにSlackを連携するSlack-First Customer 360の強化とともにSlackの新機能を発表した。

 Salesforceは、顧客に関するあらゆるデータを1カ所に集めて、顧客を360度とらえる「Customer 360」を提唱してきた。Slackとの連携を通じて、このコンセプトを「Slack-First Customer 360」に進化させ、従業員、パートナー、顧客のすべてがデジタル化された環境でCustomer 360を実現することを目指す。今回は、先行してSlackと連携したSales、Service、Marketing、Analyticsに加えて、Commerce、Experience、Platform、Trailhead、MuleSoft、Quipなどの製品と、Sustainability、Corporate & Investment Banking、Healthcare & Life Sciences、Philanthropy、Nonprofit、Educationなどのインダストリー・クラウドや製品とSlackとの連携を開始した。

 また、Slackの新たな製品イノベーションとしてクリップ、Slackコネクトの機能強化、GovSlackを発表。これにより、分散して働く従業員の力を引き出し、CRMデータを中心とした柔軟なコミュニケーションを実現する。

米国Salesforce プレジデント兼最高執行責任者 ブレット・テイラー氏のコメント

 私たちの仕事に対する考え方は、「行く場所」から「行うこと」へと変化しています。すべての企業は、従業員、お客様、パートナーをつなぎ、どこにいても仕事ができる世界で成功するために、「デジタル本社」を必要としています。世界中の組織がSalesforceとSlack上で「デジタル本社」を構築することで、より良く機能し、結果としてより早く成長することができます。

Slack CEO兼共同創業者スチュワート・バターフィールド氏のコメント

「デジタル本社」を構築するということは、お客様、パートナー、従業員、コミュニティの関係者など、ビジネスにかかわるすべての人をつなぐデジタルインフラをじっくり検討することを意味します。これにより、企業は新しい方法でイノベーションを起こし、コラボレーションを行い、そしてつながりを保つことができます。すべての企業にとって、自らを改革し、仕事をより柔軟で、インクルーシブかつ生産性を高めるためのまたとないチャンスです。SalesforceとSlackが協働して、デジタルファーストの新しい世界に対応するあらゆる企業の成功を支援する上で、これほど最良のタイミングはありません。

Slack-First Customer 360の連携強化とSlackの新機能

  • Slack-First Salesでより迅速な商談成立を実現
  • Slack-First Serviceで顧客のケースを効率的に解決
  • Slack-First Marketingでキャンペーンを強化
  • Slack-First Commerceによるビジネス収益の拡大
  • Slack-First Experienceによるブランド認知度の向上
  • Slack-First Platformでアプリを素早く構築
  • Trailhead for Slackで日々の業務の中で学習
  • Slack-First Analyticsでデータに基づく意思決定を実現
  • Slack−First Integration with Mulesoft であらゆるシステムからデータを接続
  • Quip for Slackでシームレスなコラボレーションを実現
  • Slack-First Bankingでどこからでも案件を管理
  • Slack-First Healthcare and Life Sciencesでウェルビーイングを強化
  • Slack-First Philanthropyで大義とつながる
  • Slack-First Nonprofitでインパクトを最大化
  • Slack-First Educationでデジタルキャンパスを構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2870 2021/09/28 17:15

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング