SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

電子契約導入率は「3割未満」 障壁となるのは導入時の手間やトラブル対処が負担に/インフォマート調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 新型コロナウイルス感染症拡大などの影響を受け、電子契約の導入が進んでいる。しかし電子契約の導入は、テレワークの対応やコスト削減、セキュリティ強化といった面で多くのメリットがあるにもかかわらず、導入率はさほど高くなっていないのが実状となっている。

 そこで、BtoBにおける企業間電子商取引プラットフォームの運営を行うインフォマートでは、電子契約の導入が進まない原因とその対応策を調査するために、総務・法務業務を担当する会社員に対し、電子契約に関するアンケートを実施した。

 同調査結果の詳細は、次のとおり。

電子契約導入率は約3割以下にとどまる

 電子契約の導入・検討状況について聞いてみると(n=466)、「導入済み」と回答した企業は27.9%に。2020年9月に同社が実施した調査では18.0%であったことから、導入率は約1.5倍に増加しているものの、約3割以下にとどまっているのが現状となっている。

 業種別で見ると、「出版・通信・小売り」が50.0%、「製造業(消費財)」が46.2%と高い割合となっている。特に「出版・通信・小売」では、2020年4月以降の導入が多く、コロナ禍で電子契約の導入が進んだことがうかがえる。

電子契約導入で実感する効果TOP3はテレワーク対応、コスト削減、セキュリティ強化

 一方で、電子契約の導入によって感じた効果を聞くと(n=130)、「テレワークへの対応」が46.2%でもっとも多く、「印紙代や郵送、保管費用などのコスト削減」が45.4%、「セキュリティ強化」が39.2%だった(複数回答可能)。コロナ禍で広まったテレワークに対応できた点を評価するケースが多いことがわかる。

 そこで、電子契約の導入を妨げている要因についてたずねた。

電子契約導入の障壁1:導入準備の手間に大きな課題

 電子契約を導入済みと回答した企業に、導入時に困ったことを聞いたところ(n=130)、「電子契約の仕組みや安全性に関する調査」が34.6%でもっとも多く、次いで「自社の稟議フローや関連規定などの確認と整理」が33.8%、「電子契約導入による費用対効果の算出」が32.3%だった(複数回答可能)。

 続けて、電子契約の導入後に困ったことや課題について聞くと(n=130)、「社内からの質問対応」が33.8%、「操作がうまくいかないなどのトラブル」が31.5%、「取引先からの質問対応」「取引先への周知(メールや案内文の郵送など)」が27.7%だった(複数回答可能)。社内・社外からの「問い合わせ対応」に負担を感じる企業が多いことがわかる。

電子契約導入の障壁2:電子契約の導入時の課題やトラブルの解決が負担に

 続けて、電子契約の導入時の課題やトラブルについて実際にどのように対処したかについて聞いたところ(n=130)、「導入する際に生じた課題」については「ベンダーのサポートを活用しつつ、基本的には自社で解決した」が40.8%でもっとも多く、次いで「すべて自社で解決した」が39.2%となった。

 また、「導入後に生じた課題」については、「すべて自社で解決した」が40.0%、「ベンダーのサポートを活用しつつ、基本的には自社で解決した」が35.4%。多くの企業が自社で電子契約導入前後の問題に対処していることが判明した。

調査概要

  • 調査対象:事前の調査で「総務業務」または「法務業務」を担当していると回答した会社員
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査内容:電子契約に関する調査
  • 調査期間:2021年6月30日~2021年7月7日
  • 回答者:466名
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2856 2021/09/22 06:30

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング