SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

約6割がテレワークで新たなストレスを実感 仕事中の雑談有無がストレス解消に影響/リクルートキャリア調査

2021/01/25 05:00

 リクルートキャリアは、コロナ禍を契機にテレワークを経験した就業者2,272名を対象にアンケートを実施した。

約6割が「テレワーク前になかった仕事のストレスを実感」

 「テレワーク前にはなかった仕事上のストレスを実感」という回答は全体の59.6%に。そのうち67.7%は「いまだにストレスが解消されていない」と回答した。20代は58.9%、30代は64.6%、40代は67.8%、50~60代は83.6%と、年代が上がるほどストレス解消ができていない割合が高まる傾向がうかがえた。

仕事中の雑談の有無がストレス解消に影響 解消具合に14.1pt差

 仕事中に雑談がある人とない人を比較すると、「雑談」がない人はストレスが解消できていない割合が大きく、両者のストレスの解消具合には14.1ptの差が生じていた。

テレワーク時の雑談機会が「まったくない」 50~60代が44.2%

 50~60代は、雑談が「まったくない」と回答した割合が44.2%と、ほかの年代に比べて高い結果に。雑談の機会については「チャットなどでの業務外の会話」や「会議開始前の世間話のような会話」において、50~60代とほかの年代で差が見受けられた。

調査概要

  • 調査対象:全国の20~60代の新型コロナウイルス禍でテレワークをするようになった就業者
  • 調査人数:2,272名


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5