SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

bellFaceがSalesforceとの連携強化を発表 顧客の利用状況に合わせた自由な連携を実現へ

2021/01/19 08:00

 ベルフェイスは、Salesforceとプロダクトの機能および協業における連携強化を発表した。これまでは連携方法に制限があったが、今後は、顧客の利用状況に合わせて自由に連携項目を設定することが可能になる。

 

 bellFaceは、プラットフォーム暗号化サービス「Shield Platform Encryption」にも対応しており、金融業界などの高いセキュリティ要件が求められる顧客においても安心して利用ができる環境を整備する。

 

基本機能とアップデート内容

SalesforceからbellFaceへの「インポートマッピング」機能

 旧来はSalesforceからの連携項目が取引先名、取引先責任者役職、取引先責任者名前の3項目のみであった。アップデートにより、「取引先」「リード」「商談」等のオブジェクトの自由な選択、そして連携させたいSalesforceの項目も顧客が任意で設定することが可能に。

bellFaceからSalesforceへの「エクスポートマッピング」機能

 旧来は保存先のオブジェクトが固定で、顧客ごとに自由に設定することができなかった。今回のアップデートにより、顧客側で自由に保存先のオブジェクトを設定することが可能に。

Salesforceから商談を開始しなかった場合にも上記機能に対応する「bellFace Sync」機能

 旧来は、Salesforce上から商談を実施しなかった商談の内容は手動でbellFaceからコピーし、Salesforceに入力することが必要であった。今回のアップデートにより、Salesforce側の該当必要項目に対して、bellFaceの商談情報が自動で入力されるように。

セールスフォース・ドットコム 執行役員 アライアンス営業推進本部 兼 韓国アライアンス 兼 AppExchangeアライアンス部 池谷充弘氏

 株式会社セールスフォース ・ドットコムはベルフェイス株式会社より、Salesforce連携機能の強化および Shield Platform Encryptionへの対応を心より歓迎致します。昨今の急速な環境の変化により、これまで対面で行なっていた業務を非対面へとシフトしていくなどあらゆる業界に大きな変革を迫っております。同社のオンライン営業システム「bellFace」は大手金融機関でも採用されており、日本のお客様のデジタル変革を加速するサービスであると確信しております。今後もベルフェイス様と密接に連携し、お客様の成功を積極的に支援して参ります。

ベルフェイス 取締役 西山直樹

 当社のオンライン商談システム「bellFace」と「Salesforce」プロダクトの連携が強化されたことを嬉しく思います。セキュリティ面での連携強化と本プロダクト連携により、オンライン商談の生産性が大きく改善され、強固になることを確信しております。本協業をはじめとして、今後もSalesforce様とのアライアンスをさらに強化していき、お客様の営業デジタル化を通じた生産性向上に貢献して参ります。

 
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5