SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

名刺アプリEight、 AIが名刺を整理する「スキルタグ」リリース 人脈活用やビジネスチャンス創出へ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 Sansanは提供する名刺アプリ「Eight」の新機能「スキルタグ」のリリースを発表。本機能は、AIが⾃動的にEightで管理する名刺の経験職種や職能から「スキル」を判別し、タグをつけ、名刺の⾃動整理や⼈脈活⽤をあと押しするもの。また、自身にもスキルタグが付与されるため、名刺交換相⼿に⾃分が持つスキルを伝えることが可能になる。

 

 これまでは交換した名刺を整理するために、多くのユーザーが「ラベル」機能を使⽤してきたが、⼿動の作業に手間がかかっていた。また、社名や⽒名、電話番号など、名刺のデータを軸とした検索機能はあったが、「スキル」を軸とした検索機能はなかった。

スキルタグ活⽤のメリット

(1)⾃動で名刺整理

 AIがEight上にある名刺に⾃動的にタグをつけるため、名刺整理の⼿間を省くこと。これまでの「ラベル」機能も「マイタグ」として引き続き使⽤可能。

(2)スキルを起点とした検索による⼈脈活⽤

 スキルごとに名刺を参照できる「タグ検索」を活⽤すると、「法⼈営業」「インサイドセールス」「Webマーケティング」など、特定のスキルを持った⼈物を容易に探すことができる。プロジェクトを⽴ち上げる際に必要な知⾒を持った⼈物に声をかけたり、⼈を紹介してほしいと頼まれた際にすぐに候補者を出せたりと、⼈脈活⽤に役⽴つ。

 
(3)相⼿のスキルを把握することによる円滑なコミュニケーション

 スキルタグは、現職のプロフィール名刺、キャリアサマリや過去のプロフィール名刺などから、総合的にAIによって判断・分類される。打ち合わせの前に相⼿をEightで検索するか、オンライン名刺交換を⾏い、相⼿のスキルタグを確認しておくことで、得意分野や前提知識などを推し量りながら、スムーズに会話を進めることができる。

(4)⾃⼰スキルの訴求によるビジネスチャンスの創出

 スキルタグは⾃動的に付与されるだけでなく、⾃分⾃⾝で複数枚付与、または経歴・スキルにそぐわない場合は外すことも可能。タグ検索時に反映されるため、⾃分⾃⾝のスキルを過去の名刺交換相⼿にも知ってもらうことができ、ビジネスチャンスの創出につながる。

 

Sansan株式会社 Eight事業部 事業部⻑ 塩⾒賢治氏より

 「全国で緊急事態宣⾔が解除されたことに伴い、経済が少しずつ動き出しました。withコロナ時代ともいわれる今、『新しいビジネスの在り⽅』として、デジタル化は全ビジネスパーソンにとって必要不可⽋なものとなっています。デジタル化のひとつでもある『オンライン名刺交換』を⾏う場合、名刺交換という⾏為そのものが紙からオンラインに変わったことが重要なのではなく、オンラインになることで、ビジネスのつながりが活⽤しやすくなり、⽣産性の向上や事業の活性化の⼀助になると考えています。スキルタグは、ビジネスのデジタル化を推進し多様な働き⽅のニーズに応える新機能です。Eightは、すべての⼈のビジネスをサポートすると共に、ビジネスシーン全体の活性化に役⽴てていけるよう、今後も進化を続けて参ります」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/1587 2020/06/09 13:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング