SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Next Leaders' Hint

「営業に長時間残業は必須」は思い込み? 女性営業リーダーが短時間で成果を挙げるために行っていること

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 顧客対応、商談準備、製品知識のインプット、SFAへの入力作業……etc。営業の“業務過多”問題は常にそこにある。ここに毎月のノルマものしかかり、数字達成のために長時間残業が常態化している営業組織も少なくないだろう。編集部は今回、こうした問題を解決するヒントを得るため、自身の残業時間を月10~20時間程度に抑えながら、常にトップクラスの成績を維持し続けているLegalOn Technologiesの女性営業リーダー、中原さんにインタビューを実施。短時間で成果を最大化するための秘訣から、残業をさせないためのマネジメント法についてまでうかがった。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

「1時間すべてを商談に使わない」 ある女性営業リーダーのタイムマネジメント

──まず、これまでのキャリアと現在のお役割をうかがえますでしょうか。

ファーストキャリアは2019年に新卒で入社した総合広告代理店の営業で、主に求人広告の販売を行っていました。その後、2022年1月にLegalOn Technologiesに入社し、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」のフィールドセールスを約半年間担当したあと、チームリーダーを3ヵ月ほど務めました。

その後、10月に新規プロジェクトの立ち上げを任されたあと、2023年1月からカスタマーサクセスチームの中にあるアップセル・クロスセルを担当するチームに所属し、現在はプレイングマネージャーとして4人のメンバーをマネジメントしています。

株式会社LegalOn Technologies セールス グループ シニアマネージャー 中原瑞葵(なかはら・みずき)さん

──入社3ヵ月めに、フィールドセールス、カスタマーサクセスに所属するセールスの達成率を競う社内イベントで、新人でいながらも1位を記録したとうかがっております。転職して職場環境も商材も変わる中、早期に結果を出せた秘訣は何だったのでしょう?

もともと「新しいことに取り組むのが好き」という性分なんですよね。大学時代も4年間でアルバイトを10個ほど経験しましたし、新しい環境に適応するのは比較的得意なのだと思います。

当社に入社してからも、「この仕事を覚えたら対応できる仕事の範囲が増える」「これができるようになれば自分の市場価値が上がる」という気持ちで仕事に向き合ってきたため、それが成長につながったのではないかと思います。

──プレイングマネージャーになってからもトップクラスの成績を維持しつつ、残業は月10~20時間程度というのもすごいですね。

「効率的に成果を出す」ことは前職から意識していますね。とくに、当社に入社した当時は直属の上司が必ず18時に帰宅していたため、「業務時間内に終わらせよう」と強く意識するようになりました。

しかし実は、新規プロジェクトを立ち上げる部署に異動したときに残業が80時間を超えてしまったこともあったんです。ちょうど結婚したばかりの時期だったのですが、家事全般は夫に任せてしまい、「働きすぎじゃない?」と言われてしまって。「新婚なのにこれはまずい!」と思いましたね。そんなこともあり、残業を減らすための仕組みづくりに自ら取り組んできました。

──具体的にどのような工夫をしたのですか。

3つあるのですが、ひとつめはタイムマネジメントの「型」をつくることです。フィールドセールスだったころは1時間枠の商談が1日6~8商談ほど入っていたのですが、1時間フルに使っていたら、メール作成やSFAへの入力時間も合わせると確実に残業が発生してしまうんですよね。

そこで「商談に1時間使わない」ことに決めました。つまり1時間の内訳を、商談に「40~45分」、商談後のメール作成に「7分」、SFAへの入力に「3分」、そして次の商談の5分前にはウェブ会議上でお客様を待ちながら、事前に準備したお客様情報を確認する、というふうに「型化」したんです。また、お客様に送るメールの発信の仕方や資料のまとめ方をある程度決めておくことで、顧客対応スピードも上げていきました。

工夫したことのふたつめは、同じような仕事は一気にまとめて行うことです。たとえば、8商談分の事前準備を一気にする、朝の集中できる時間帯にまとめて追客メールを送るなどです。そうするとバラバラに作業を進めるのに比べて、頭を切り替える動作が少なくなり、集中力が長く続くんですよね。

3つめの工夫は、通勤時間をうまく使うことです。とくにロープレ動画などの視聴はデスクに座らなくてもできるため、電車の中で観るようにしていました。もちろん「疲れたな」と思ったら、YouTubeを観たりしますよ(笑)。自分に完璧を求めないことも、取り組みを継続できるコツかもしれません。

次のページ
「1週間で完璧なものをつくる」よりも「3日で70%のものをつくる」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
Next Leaders' Hint連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮地真里衣(セールスジンヘンシュウブ ミヤジマリイ)

新卒で営業職を経験したのち、編集プロダクションに転職し雑誌やウェブ広告の編集業務に携わる。2022年11月翔泳社入社。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/5415 2024/01/09 07:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング