SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

イベントレポート

「スイカ状態」になったヘルススコアを見逃すな!? カスタマーサクセスがNRRを向上させるヒント

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 2023年9月6日~8日に開催されたHubSpot主催の年次イベント「INBOUND 2023」は、昨年に続きオンライン/オフラインのハイブリッド形式で開催された。編集部から紹介するのは、Daphne Costa Lopes(ダフネ・コスタ・ロペス)氏の「NRR」の向上をテーマにしたセッションだ。ロペス氏はHubSpotの英国カスタマーサクセス責任者であり、ポッドキャスト「This is Growth!」のホストも務める。新興企業からフォーチュン500企業まで、10年以上のCX業界経験を活かし、GTMとCXチームの創設、大手企業へのCX戦略の変革指導、カスタマージャーニーの再構築支援まで幅広い分野で活躍している。ロペス氏が指摘する顧客目線でのGrowth Journeyと顧客維持率の向上の関係性について、掘り下げていこう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

カスタマーサクセスにおける「Growth」とは何か?

「NRR(Net Revenue Retention)」とは、日本語では売上維持率もしくは売上継続率と訳される。SaaSを代表としたサブスクリプション型ビジネスにおいては主要KPIであり、成長率を測る指標として使われている。

 NRRが伸び悩み、解約率にカスタマーサクセスチームが頭を悩ませている企業は少なくないだろう。ロペス氏は「NRRを高めるには、顧客の成果(Growth)に焦点を当てることだ」と語る。

HubSpot,Inc. Principal Manager, Customer Success Daphne Costa Lopes(ダフネ・コスタ・ロペス)氏

 では、Growthとは具体的に何なのか。そもそも、HubSpotは企業活動において「Connected Growth」という概念を掲げている。これは「個人」よりも「自社」、さらに「自社」よりも「顧客の成長」を優先するという行動指針であり、次のような図で示されている。

 では、カスタマーサクセスにおいて「Growth」はどのようにして測るのか。一般的には、次のような図にある項目だ。

 しかし、このメトリクスは企業目線になっている。「Connected Growth」における顧客の成功を第一とする原則をベースに考えた場合、本来は顧客目線で考えなければならないはずだ。

 ロペス氏は、収益を上げるためにソフトウェアの購入を検討している、小規模なビジネスを例に挙げた。この顧客がCRMソリューションの購入を決め、実際に導入して運用していく顧客目線でのGrowth Journeyは、次の5つのステップに分かれる。さらにそれぞれのステップにおいて、メトリクスは次のように当てはまる。

「多くの企業がStep1、2、5、つまり顧客の成長率と使用率を測定していますが、Growth Journeyを追い切れず、顧客が実際に商品に価値を感じているかどうかは把握できていません。顧客が目標を達成しているかを、正確に知る必要があるのです」とロペス氏は語る。

 では、なぜStep1、2、5を測定するだけでは不十分なのか。ロペス氏は例として、ヘルススコアを挙げた。ヘルススコアは使用率のメトリクスであり、実際にソリューションを使用している量に基づいて算出される。しかし、使用率と顧客が得られた成果や感じている価値は、必ずしも一致しないことを指摘する。

「大きなショックを受けるかも知れませんが、キャンセル時、ほとんどの顧客のヘルススコアはグリーン、つまり使用率は良好な状態なのです。スイカのように、外から見れば緑なのに、実際に切ってみると中は真っ赤。顧客にとって真のヘルススコアは真っ赤なのに気づかず、結果としてステータスは緑のまま解約に至っているわけです」(ロペス氏)

次のページ
「スイカ」状態に陥らないため、顧客のサクセスをどのように測定するのか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

猪飼 綾(イカイ アヤ)

キクカク及びライティングユニットおたばぶのライターとして、IT・機械技術を中心に、ものづくりから飲食まで幅広い分野で取材・執筆。また、読者に愛されて、積極的かつ継続的な購買につながるファンマーケティングの観点から、オウンドメディアの運用支援やSNS運用など、Webマーケティング、ブランディング支援を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/5232 2023/10/20 07:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング