SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

2021年の転職市場 求人件数は「増加見込み」が5割も、選考基準「厳しくなる」が約7割/日経HR調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 日経HRは、転職エージェントを対象とした中途採用に関する調査を実施した。2021年の中途採用の求人件数は「増える」の予想が5割となり、選考基準は「厳しくなる」との回答が約7割を占めた。コロナ禍で企業のコスト意識が高まる中、即戦力を求める傾向が続くという転職エージェントの予想が集まった。

21年求人件数の予測 2021年求人件数は「増加を見込む」 中長期では増加予想7割に

 2021年の中途採用求人件数は「大幅に増えると思う」が2.7%、「少し増えると思う」の50.7%を合わせた「増える」は約5割という結果に。中長期の視点では「大幅に増えると思う」が17.3%、「少し増えると思う」が56%と、「増える」の予想は約7割となり、21年と比較して2割増加した。増加が予想される要因として、コロナ収束後の景気回復や20年の採用控えの反動、コロナによる事業の見直し、新規事業進出にともなう人材獲得などが挙げられた。

 
 

企業の選考基準は「厳しくなる」が約7割 人件費抑制で即戦力の需要増

 
 

求人増となる業界予想 DXの流れを受けて「IT・通信・インターネット」に集中

 2021年の中途採用の求人件数がに対して、「増える」と回答した人を対象に、求人件数の増加がとくに見込まれる業界について尋ねると、「IT・通信・インターネット」が72.5%ともっとも多かった。さまざまな業界、企業でDXの流れが加速する中、それらを支援する業界はさらに活況が続き、求人件数の増加も予想されている。

 
 

求人増となる職種予想 DXを支える「IT・ウェブ・ネットワークエンジニア」がトップ

 前問と同様、2021年に求人件数の増加が見込まれる職種について尋ねると、DXを推進する「IT・ウェブ・ネットワークエンジニア」がもっとも多く62.5%という結果に。「企画・マーケティング」という回答は30%で、新規事業進出などにかかわる人材ニーズの高まりも推察された。

 
 

転職のキーワードは「DX」「IT」「即戦力」が上位

 2021年、求人需要が高まりが予想される人材のキーワードについて尋ねると、「DX」が64%、「即戦力」が50.7%、「IT」が44%、と上位3ワードに回答が集まった。このほか「女性管理職」と「M&A」が13.3%と続いた。なお、これら以外に10%を超えたキーワードはこのほかになかった

 

転職希望者数の変化は「変わらない」が3割

 転職希望者数の変化を尋ねると、「変わらない」が30.7%ともっとも多く、次いで「少し増えた」が21.3%、「減ったが元に戻った」が13.3%と続いた。

 

求人件数の変化は「少し減った」「大幅に減った」が約5割超

 求人件数の変化を尋ねると、「少し減った」が30.7%、「大幅に減った」が26.7%と、合算すると5割超の回答が集った。

 

求人件数の落ち込みが大きかった業界は「サービス」「機械・メカトロニクス」

 求人件数の落ち込みが大きかった業界を尋ねると、外出自粛や営業時間短縮などの影響を大きく受けた「サービス」が最多であった。そのほかにも、製造業の「機械・メカトロニクス」「電気・電子・半導体」、人員削減が進む「金融」を挙げる転職エージェントも。

 

求人件数の落ち込みが大きかった職種 「販売・サービス」「管理部門」「事務」が上位

 求人件数の落ち込みが大きかった職種を尋ねると「販売・サービス」が56%ともっとも多かった。また、「事務、アシスタント、秘書」「管理部門」の落ち込みを指摘する声もあり、業務のIT化、RPA化へ舵を切る企業の増加が要因として挙げられた。

 

調査概要

  • 調査対象:国内の主要な転職エージェント(人材紹介会社)
  • 実施期間:2020年12月9日~18日
  • 回答者数:75人(40社)
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2232 2021/02/02 10:51

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング