SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

請求管理ロボ、システム間連携拡張 請求書発行・送付・入金・消込など請求業務に関する一連のAPIを提供

2020/08/03 08:00

 請求業務の自動化を実現するクラウドサービス「請求管理ロボ」を運営するROBOT PAYMENTは、請求書の発行・送付から入金・消込まで、請求業務に関する一連のAPIを提供する。それにより、基幹システムや他システムとの連携が実現し、業務効率化につなげるとともに、売上・債権から算出される経営状況の見える化に貢献する。

 同サービスは、請求書の発行・送付から、集金、消込、催促を自動化するツール。今までエクセルと手作業で行っていた、請求・集金・消込・催促といった作業をすべて自動化し、請求業務の大幅削減を実現するクラウドサービスである。請求書の自動発行や自動送付をはじめ、クレジットカード決済・口座振替・銀行振込といった多彩な決済手段を活用した代金回収を行うことが可能となっており、さらには発行した請求書と入金情報の照合である消込作業の自動化まで実現している。また、SFA/CRMや会計ソフトとのデータ連携を強みとしており、契約から会計までのお金にかかわる業務を一気通貫に扱うことができるのも特徴だという。

 同社は以前より、請求書の発行・送付については、APIを提供していた。今回は、請求書の発行・送付後に発生する入金・消込関連のAPI提供を開始する。今までブラウザ上の管理画面で行っていた入金・消込状況の確認や、口座の入金履歴である全銀データのCSVインポートなどが、APIを利用して実施できるようになる。

 この結果、ほかのシステムと連携して、顧客情報の取り込み、請求書の送付、入金状況の確認、入金履歴のインポート、未回収金の抽出といった一連の請求処理が可能になるとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5