SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

マネジメントのコミュニケーションの“質”を改善する「KAKEAI」、テレワーク専用プランをリリース

2020/05/14 09:00

 マネジメントにおけるコミュニケーションの“質”を改善するクラウドシステム「KAKEAI(カケアイ)」を開発・運営する株式会社KAKEAIは、リモートワーク・テレワークで生じがちな問題を解決する機能のみを備えたクラウドシステム「KAKEAI Remotework Plan」をリリースした。

 期せずしてリモートワーク・テレワークへの対応が迫られ、社会全体が順応しているように見える一方で、ゴールデンウィーク明け以降、リモートワーク・テレワークにおける「上司と部下のコミュニケーショの“質”の問題」「リモートでのマネジメントの難しさ」に気づき始めた企業からの問い合わせが増えている。

 これを受け同社は、リモートワーク・テレワークで生じがちな問題を解決する機能のみを備えた「Remotework Plan」を急遽開発し、リリースに至った。なお、同社はこれを社数限定で無料(別途条件有り)にて提供する。

KAKEAI Remotework Plan 概要

 リモートワーク・テレワークで生じがちな問題を解決する機能のみを備えたクラウドシステム。相手が目の前にいないからこそ生じがちな、コミュニケーションの「掴めず」「ズレる」を解消するシンプルな仕組みを提供する。

メンバーから「どのような対応を求められているか」を理解して対話できる。

 カケアイの1on1・面談機能では、メンバー自身に話を聞いて欲しいだけなのか、具体的なアドバイスが欲しいのか、意見を聞きたいだけなのか、ただ単に報告したいのか……といった、求める対応の種類を事前に選択しておいてもらうことができる。

 ミーティング後には、メンバーに「すっきり!」ボタンを押してもらう。気を使った回答をする必要が無いように、誰がどのように「すっきり!」を押したかはマネージャーには一切わからない仕組み。

 マネージャーは定期的にメンバーの感じ方を振り返りながら、自身のコミュニケーションについて継続的に調整し続けることができる。

データから実態を掴める 関わり方を調整し続けられ、周囲が現場をサポート

 カケアイには現場の真実を表すデータがたまり続け、マネージャーや、マネージャーの上司・人事担当者は実態をビジュアルで確認することが可能に。

同プラン 社数限定無料 利用条件
  • 現在、上司と部下、リーダーと部下、メンターやメンティーとの間で、月に1度以上、1対1の「面談」「1on1」「ミーティング」などを実施している部署・企業が対象(業務の話のみで実施されている場合は除く)
  • マネージャーまたはメンターの役割を担う人が3名以上・5名以下で利用すること
  • 全体(マネージャーやメンターを含む、メンバーやメンティー、システム管理者などのすべて)の利用人数に上限なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5