SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

営業の仕事は「売る」ことなのか? 「Buyer Enablment」をめぐる冒険

2024年7月12日(金)13:00~18:20

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Sales Tech ホットトピックス(AD)

新規事業を率いるリーダーが「HubSpot」を選ぶワケ 国内トップパートナー・100が語る活用術

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena

 世界135ヵ国以上、約20万5,000社以上の企業が導入しているAI搭載の統合型カスタマープラットフォームHubSpot。バイヤージャーニーに沿った環境を迅速に構築できる一方、その機能を活用し切れずに「もったいない状況」に陥っているケースも少なくありません。HubSpotの導入・活用における課題とは何か。パートナーと共に導入・活用を進めることで実現できる未来とは──。アジア初のエリートパートナーである100(ハンドレッド) 田村慶さんに詳しくお話をうかがいました。

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena

アジア初のエリートパートナーが語る
新規事業の強い味方「HubSpot」

──はじめにHubSpotの特徴と、期待できる効果について教えてください。

HubSpotの機能は非常に多岐におよびます。あえて言うなら、顧客接点データを蓄積するCRMカテゴリーに分類できるでしょう。マーケティング/セールス/カスタマーサポートと、バイヤージャーニーに沿った機能をオールインワンで提供する点が大きな特徴ですね。

ポイントソリューションで同等の網羅性を担保する場合、複数のツールを導入・連携する必要があり、整合性やコスト面で課題が生じます。しかしHubSpotなら、搭載されている機能を順番に正しく使いこなせば、一貫したサービス提供環境を迅速に構築できるのです。

とくに新規事業の立ち上げにおいては、マーケティング/セールス/カスタマーサポートのすべてのサービスを提供する環境をいち早く構築しなければいけません。そのためのフレームワークとして、HubSpotは非常に有効なツールと言えるでしょう。

株式会社100(ハンドレッド) 代表取締役 田村慶さん

──100は2019年からHubSpotのエキスパート集団として活動を開始し、2023年にはアジア初のエリートパートナーに認定されています。貴社の強みを教えてください。

HubSpot社のパートナー制度には、導入・活用を支援する「ソリューションパートナー」と、自社の製品・サービスとHubSpotを連携させる「アプリパートナー」があり、ソリューションパートナーの最上位ランクがエリートです。世界6,500~7,000社のパートナーのうち約50社が認定されており、そのうち、アジアで唯一エリートに認定されているのが我々100です。

エリートパートナーの特徴は、第一に実績の多さですね。ダイヤモンドパートナーの約3倍の企業を支援しています。当社でも、顧客のさまざまな業務フローや顧客データ管理へ対応を重ねる中で「型」をつくり上げ、スピード感ある支援を行っています。

というのも、SaaSにはシステムごとの癖があり、仕様書と実際の動作が異なることも珍しくありません。加えてHubSpotは、顧客が使いやすいかたちに随時変更していくという基本姿勢により、アップデート頻度が多いのです。その変更は「購買行動の変化に合わせて機能も変えたい」「HubSpotをこのように活用してほしい」という“哲学”に基づいています。

HubSpot社の哲学と企業によって異なるビジネスモデルを理解したうえで、UIの変更など細かな変更までキャッチアップできる企業は多くありません。その中で100では、HubSpot Japanの立ち上げ期から導入・活用支援に携わってきた私個人の経験も踏まえ、HubSpot社の哲学に対する深い理解のもと顧客を支援しています。ほかにもGlobal Hub Allianceの一員として世界トップ6のパートナー企業と勉強会や共同プロジェクトを進めるなど、アメリカ本社を始めとする強固なグローバルネットワークも当社の強みと言えるでしょう。

豊富な対応実績に基づくナレッジとHubSpot社の哲学への理解。このふたつを有する当社だからこそ、顧客のビジネスモデルを問わず、課題の特定と未来予測を実現できるのです。

この記事の続きは……

  • 多くの企業が「もったいない状況」に HubSpot活用の壁に100はどう応える
  • パートナーと共にHubSpotを導入する メリットと判断基準

※この記事で紹介したサービスの資料をダウンロードいただけます。資料は会員の方のみダウンロードしていただけます。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena
Sales Tech ホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

猪飼 綾(イカイ アヤ)

キクカク及びライティングユニットおたばぶのライターとして、IT・機械技術を中心に、ものづくりから飲食まで幅広い分野で取材・執筆。また、読者に愛されて、積極的かつ継続的な購買につながるファンマーケティングの観点から、オウンドメディアの運用支援やSNS運用など、Webマーケティング、ブランディング支援を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社100

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/5958 2024/07/08 11:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年7月12日(金)13:00~18:20

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング