SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

富士キメラ総研、ソフトウェアの国内市場調査結果を発表 ビジネスチャット市場は2023年度に2.4倍に

2019/10/28 08:00

 マーケティング&コンサルテーションを行う富士キメラ総研は、働き方改革の推進や人手不足対応を目的に自動化/効率化につながる製品の需要が増加するソフトウェア(パッケージ/SaaS)の国内市場を調査。結果を「ソフトウェアビジネス新市場 2019年版」にまとめた。

 本調査は、カテゴリー別に業務システム11品目、デジタルマーケティング7品目、情報分析3品目、コラボレーション10品目、ミドルウェア11品目、データベース2品目、運用・管理ツール3品目の各市場について現状を調査し、将来を展望したもの。 

2023年度国内市場予測の一部抜粋(2018年度比) 

●ソフトウェア 1兆7,550億円(39.4%増)

 働き方改革の推進などに業務やコミュニケーションの自動化/効率化につながる製品の導入が進む見通し。

●ビジネスチャット 252億円(2.4倍)

 社内で簡易的かつ円滑なコミュニケーション/情報共有に対する需要が高まり、利用が広がる見通し。

ソフトウェアの国内市場(カテゴリー別)

 
【業務システム】

 大規模企業向けERP、中規模企業向けERP、財務・会計ソフトがリプレース需要により伸長するという。また、業務効率化や人手不足対応などのために予算・実績管理ソフト、人材管理ソフト、勤怠管理ソフト、経費精算ソフトの導入が進み、市場は拡大する見通し。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5