SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

「Emotion Tech」がウイングアーク1st提供のBI「MotionBoard」と連携

2019/08/22 11:10

 Emotion Techは、ウイングアーク1stとパートナー契約を締結し、顧客体験価値の向上を目的としたロイヤルティデータを可視化する仕組みとして「ExperienceDashboard」を開発、提供を開始した。

 Emotion TechはこれまでNPSをはじめとした顧客ロイヤルティデータを計測し、独自の分析手法により優先的に改善・伸長すべき顧客体験を可視化するサービス「Emotion Tech」を提供してきた。さまざまな企業のCX向上を支援していくなかで、本質的な取り組みを推進するためには下記2点が重要だと結論づけた。

  • 本部だけでなく、あらゆる部門が分析されたロイヤルティデータや、ときには生の顧客の声にふれることが可能な環境を整えること
  • 顧客のロイヤルティデータがリアルタイムかつ自動で各部門に届けられること

 実際、各営業メンバーや店舗マネージャーごとにシステムのIDが割り振られ、顧客データに触れられる環境を整えている導入企業もあり、こうした企業では従業員1人ひとりが顧客体験を意識した活動を自発的に行うことができているという。

 本取り組みは、「Emotion Tech」とウイングアーク1stが提供するBIツール「MotionBoard」を連携させることで、「Emotion Tech」内で分析されたデータをリアルタイムかつ自動で各部門に提供し、ボトムアップによる顧客体験の向上施策をサポートすることを目的としている。本連携により、「Emotion Tech」のユーザー企業に以下の利便性を提供する。

  • 顧客セグメント(顧客ランク、地域、年代などの属性情報)を絞り込んでNPSや重要KPIの推移を確認できるようになる
  • 複数のアンケートデータを一画面で確認できるようになる
  • クライアント自身による報告用のレポートが出力できるようになる
 

ウイングアーク1stによるエンドースメント

 「ウイングアーク1st株式会社は『ExperienceDashboard』の提供を心より歓迎いたします。『すべての人々がイキイキと働ける社会を創る』という想いの元に開発され、お客様のカスタマーエクスペリエンスを体現された『ExperienceDashboard』の提供に、データをアクションに変える可視化ツール『MotionBoard』をご活用いただき大変喜ばしく思います。今後のEmotion Tech様に期待すると共に、弊社もデータで世界を笑顔にすることを 目標とし、多くの皆様に貢献できる製品・サービスをお届けしてまいります」(ウイングアーク1st株式会社 執行役員 営業・カスタマーサクセス本部 本部長 森脇匡紀氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5