SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

約4割が「社会人になってから学習経験がない」/リスキリング主流はDX[ベネッセコーポレーション調査]

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ベネッセコーポレーションは、社会人3万5,508名を対象とした「社会人の学びに関する意識調査2022」およびリスキリングに取り組む国内企業800社の受講トレンドに関する調査を実施。その結果を発表した。

社会人の学びに関する意識調査2022

調査概要
  • 対象:全国18~64歳の男女(学生を除く)3万5,508名
  • 期間:2022年3月18日(金)~2022年3月22日(火)
  • 方法:インターネット調査

 学習経験有無別および学習意欲有無別に、学習状況を4つのセグメントに分類。その結果、41.3%が社会人になって以降学習した経験がなく、また今後1年以内に学習するつもりもないことがわかった。

  • A:学んでいます層(社会人になって学習したことがあり、これからも学びたいと思う層)33.6%
  • B:学ぶつもり層(社会人になって学習したことはないが、これから学びたいと思う層)13.5%
  • C:学ぶの疲れた層(社会人になって学習したことがあるが、これからは学びたいと思わない層)11.5%
  • D:なんで学ぶの層(社会人になって学習したことがなく、これからも学びたいと思わない層)41.3%

「学習意向」と「仕事への意識」の関連性について学習意欲別に比較したところ、とくに「特定の分野の専門性を磨きたい」「新しい仕事に挑戦し続けたい」「仕事を通して成長し続けたい」といった項目で学習意欲の違いが見られた。

  • 「特定の分野の専門性を磨きたい」A-Cの差分:31.0pt、B-Dの差分:25.7pt
  • 「新しい仕事に挑戦し続けたい」A-Cの差分:32.7pt、B-Dの差分:23.7pt
  • 「仕事を通して成長し続けたい」A-Cの差分:32.0pt、B-Dの差分:29.7pt

 学習のきっかけについて、「なんで学ぶの層」が学習するために必要なきっかけTOP5は、1位「仕事で必要になる」(37.5%)、2位「お金に余裕ができる」(36.3%)、3位「達成したい目的がみつかる」(30.3%)、4位「時間ができる」(28.9%)、5位「職場から求められる」(22.2%)という結果になった。

Udemy Businessを導入する国内企業800社の受講トレンド

 オンライン動画学習サービス「Udemy Business」を導入する国内800社の2022年上半期(1/1~6/30)に受講された人気講座TOP10のうち、8講座がDXおよびIT関連の講座だった。

「ITを作る人」のリスキルが主要な業界の人気講座TOP5
  • SIer・ソフトウェア開発:業界全体としてオープン系・Web系サービスの開発に移行。AWSなどクラウド技術をエンジニア社員が学習。
  • 自動車・輸送用機器:自動運転などAIを始めとする最先端技術の向上を目的とした社員のリスキルを推進する一方、Excel VBAでの業務効率化からリスキルを始める企業も。
  • 輸送・ロジスティック(物流):配達員の業務効率化につながるAI技術の導入などを目的としたリスキルのため、AI・Python関連の講座が上位に。
  • コンサルティング:主に新入社員研修として、データベースや統計学、Excelといったデータ分析関連の講座が上位に。ビッグデータの解析技術による提案力向上や要件定義までできる「ITを作る」レベルのコンサルタントの育成が業績に直結する。
「ITを使う人」のリスキルが主要な業界の人気講座TOP5
  • 銀行・証券:若手のITリテラシー育成を中心にリスキルが進行し、入社時などにITパスポート資格の取得が推奨され始めている。また地銀では、より専門的なスキル習得で地域の中小企業のIT化支援などにつなげようという動きがある。
  • 広告・放送・新聞:デジタルマーケやWebデザインなど新たな知識を必要とする仕事が増加しており、企業として学習環境を提供し始めるところが多い。一部の専門的な業務に関わる社員はより高度なITスキルを学習し始めている。
  • 不動産:ビジネスモデルの進化としてオフィスビルの入居者に対する付帯サービス提供など、顧客接点のDXをはじめとして全社的なDXを実施する企業が増加。ITリテラシーの育成を中心にリスキルが進行し、金融業界同様にITパスポート資格の取得を推奨している。
  • 総合商社:データ可視化ツール「Power BI」に関する講座がトップ。また上位にビジネス系が多いのは、階層別研修での導入が多いため。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/3826 2022/08/08 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング