SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

3人に1人が在宅勤務をきっかけに郊外転居に前向き 「執務スペースが欲しい」は8割/LIXIL調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 LIXIL住宅研究所では、自宅のワーキングスペースについて実態と意識などについて調査を実施。同調査結果を発表した。

フィアスホームのワーキングスペースの施工事例
フィアスホームのワーキングスペースの施工事例

自宅のワーキングスペース、最多は「リビング」が約45% 自分専用スペースは約36%

 在宅勤務時のワーキングスペースについて質問すると、自宅に書斎などの自分専用のワーキングスペースで仕事をしている人が35.6%、リビングスペースで仕事をしている人が45.2%だった。

自宅ワーキングペースの課題や気になる点は「オンライン会議時の家族への遠慮」「書類収納などの収納スペース」

 現在の自宅のワーキングスペースについて、課題や気になることをたずねると、「オンライン会議などの時に家族などに遠慮してしまう(声が入ってしまう)」が28.3%、「書類などを収納する場所が少ない(無い)」27.7%などが上位となった。

 自宅のワーキングスペースとして必要(改善したい)ことのトップは、「仕事に集中できるスペース」が34.9%。そのほか、物理的なスペース、仕事しやすい環境、書類や周辺機器の収納スペースといった項目が挙げられた。

自分専用のワーキングスペースがほしい人が約78% スペースが作れない理由は空間的余裕が半数以上に

 自宅に自分専用のワーキングスペースが無い人(425名)のうち、自宅に自分専用のワーキングスペースが欲しい人は77.6%。欲しいけれど自宅に自分専用のワーキングスペースを持っていない(作ることができない)理由としては、「現在の自宅では、空間的にワーキングスペースを作る余裕がない」53.6%がトップとなった。

約34%が在宅勤務を機に郊外への引っ越しについて前向き 専用ワーキングスペース確保や気分転換できる自然環境を考慮

 このまま在宅勤務が続くとしたら、郊外への引越しも検討したいと思うかとの質問では、「すでに郊外への引っ越しを実施した」3.8%、「現在、郊外への引っ越しを検討している」9.1%、「できれば検討したいと思っている」21.3%%となり、合計すると34.2%が在宅勤務を機に郊外への引っ越しについて前向きであることが判明した。

 この前向きな人々が郊外へ引っ越しする(引っ越しした)際に、在宅勤務に関連して考慮する(考慮した)こととして、「専用のワーキングスペースの確保」が47.9%、「業務時間外に気分転換が可能な自然が豊かなところ」が46.2%となった。また、郊外へ引っ越しする(引っ越しした)際、移転先の自治体の家賃補助・転入補助などに興味がある人は90.6%に達した。

 一方、郊外への引越しを検討するつもりがないと回答した295名にその理由をたずねると、「今の住まいや土地から移りたくない」「通勤時間が長くなるのがいや」「都市部の生活のほうが魅力的」といった回答が目立った。

調査概要
  • 調査時期:2021年8月12日から8月19日
  • 調査対象:現在週1日以上在宅勤務を行なっている男女の会社員を対象に、男女の会社員
  • 調査地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県
  • 調査方法:ウェブ調査
  • 有効回答:660

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2868 2021/09/30 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング