SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Day 2024 Winter

営業改革のその先へ! エン・ジャパン 野田氏×jinjer 竹田氏に聞く「新たな価値提供」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 Sales Tech活用や組織体制の再構築、人材育成──多くの企業がさまざまな角度から営業改革に取り組んでいる。しかしその真の目的は「変化の激しい時代にあっても、顧客や社会へ新たな価値を提供すること」ではないだろうか。2024年1月25日に開催されたSalesZine Day 2024 Winterの基調講演「営業改革の真の目的とは? 若手責任者ふたりが語る、営業改革と事業創造のBefore → After」では、エン・ジャパン 野田勇次郎氏とjinjer 竹田圭吾氏が登壇した。急成長中の事業を牽引するふたりのキーパーソンが、両組織の営業改革の道のりと、その先の未来で目指す「新たな価値提供」について意見を交わした。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

営業だからこその「気づき」

高橋(SalesZine編集部) おふたりが牽引する事業は、営業活動の中で見えてきた顧客や市場の課題を起点にスタートしたとうかがっています。その経緯を教えてください。

野田(エン・ジャパン) 当社は求人サイトや人材紹介サービスなどHRに関連する事業がよく知られていると思いますが、私自身は現在非HR分野に携わっています。とくに力を入れているのが、2021年にスタートした「エンSX(セールストランスフォーメーション)」です。

「エンSX」を立ち上げた主なきっかけはコロナ禍でした。当時、多くの企業は売上の確保に苦労している状況で採用活動どころではなく、私たちにとっても苦しい時期が続きました。このとき改めて考えたのが「結局、事業成長がなければ採用は生まれない」ということです。そこで採用を生み出す手前の動き、つまり事業の成長を支援しようと、私たち自身が実践した営業改革のノウハウを外部に提供することにしたのです。

エン・ジャパン株式会社 エンSX 事業責任者 野田勇次郎氏
2016年にエン・ジャパンに新卒入社。最速でチームリーダー、マネージャーを経験し、全社ギネスの記録更新や何度も全社表彰を受賞(殿堂入り)。その後、SaaS領域やウェブサイトUI・UXなどの新規事業の立ち上げに営業責任者として携わり、複数立ち上げを経験。2022年からは、事業責任者としてエンSX事業の立ち上げに従事。

竹田(jinjer) jinjerは2021年に設立されました。「世界で最もお客様を大切にする」という価値観を大切にしており、現在提供しているクラウド型の人事労務システム「ジンジャー」にもこの考えが反映されています。

「ジンジャー」自体は2016年にサービス提供を開始したのですが、その背景には当時の人事労務領域の非効率さがありました。人事労務領域は多くのバックオフィス業務が存在します。国内は紙が多用される一方、欧米ではSaaSやクラウドサービスの技術がどんどん進化している状況でした。そこで、これらの技術と人にまつわるデータを活用してビジネスを展開し、シナジーを生み出すことで、お客様が抱える問題や業務の非効率性に対して価値を提供しようと考えたんです。

jinjer株式会社 第1事業本部 本部長 執行役員 竹田圭吾氏
2016年に総合人材会社に新卒入社。新規事業の立ち上げを経験したのち、jinjer株式会社でマーケティングからフィールドセールスの業務領域にて、約200名の組織を管掌。

高橋 実は私もコロナ禍を人材業界で過ごしたのですが、野田さんが言及された「採用の前に事業成長が必要」という課題は同様に感じていました。とくに営業は、お客様と相対する中でさまざまな課題に直面していたと思います。

野田 私も当時営業現場にいましたが、売上目標を高く設定していたこともあり、目標の4割程度しか達成できないような状況でたいへん苦労しました。その原因を探ってみると、そもそも店舗を開くことができない事業では「どう人員配置を変えるか」「どう事業をシフトさせるか」などの議論がまずは必要で、お客様の思考がまったく採用に向かっていないことがわかったんです。

 ただ、もともと私たちは求人情報を扱うためにお客様の事業内容を詳しくお聞きする機会が多く、その中で営業戦略をご提案する機会などもありました。コロナ禍の状況に加えて、こうしたお客様との関係性も「エンSX」事業立ち上げの背景にあったと思います。

次のページ
「ミクロ視点×マクロ視点」の難しさ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine Day 2024 Winter連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/5600 2024/03/08 07:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング