SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Next Leaders' Hint

大事なのはメンバーの納得感 徹底した言語化の姿勢でチームを率いるLegalForce徳田さん

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「男社会」や「体育会系」の印象が強かった営業職。近年はそのようなステレオタイプが解消され、営業職のロールモデルは多様化しています。本連載では、ロールモデルのひとつとして「営業組織の女性リーダー」にフォーカス。営業担当者としてのキャリアの重ね方やリーダーとしてのマネジメント論、今後に向けたチャレンジなどを語っていただくことで、営業職で活躍したい読者にヒントを提示します。第1回はLegalForceの徳田さんに話をうかがいました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

BtoB未経験で入社し3ヵ月でリーダーに

──まずは徳田さんのこれまでのご経歴と、現在担当されている業務についてお話しいただけますか?

新卒で通信系のベンチャー企業に入社し、携帯ショップのカウンター営業として5年ほど働いていました。入社1年で店長職に就任。最後の2年間は現場の育成担当も兼任していました。

株式会社LegalForce 徳田さん
株式会社LegalForce 徳田さん

30歳を前に「営業スキルの幅を広げたい」という意思からBtoB企業への転職を決意。人事評価のクラウドシステムを提供する企業に入社しました。ちょうどインサイドセールスの専門チームが立ち上がるタイミングで入社したのですが、未経験の自分が教わったことをドキュメント化して次に入ってきたメンバーへ教える流れから、入社2週間で再び育成担当になったんです。小さい規模ではあるものの、3ヵ月でチームリーダーに就任。そこでインサイドセールスとマネージャーの経験を積みました。

2021年9月にLegalForceへジョインし、2ヵ月間は契約審査プラットフォーム「LegalForce」を担当しました。同年11月からは、現在担当しているAI契約管理システム「LegalForce キャビネ」のチームに異動し、12月からリーダーを務めています。

納得感がマネジメントの鍵

──前職でも現職でも、入社からかなり短いスパンでリーダーを任されていてすごいです。キャリアアップのために意識されていることや、モチベーションはありますか。

もっとも意識しているのは「期待に120%以上の力で応える」ということです。女性はいつライフイベントが起こるかわかりません。大学3、4年生のときからそう考えていたため、就職先としてベンチャーを選びました。ベンチャーで期待に120%以上の力で応え続けると、新しい仕事やチャンスが巡ってきますよね。つまり最短でスキル・経験値・人間力を上げられる。それがキャリアアップの大きなモチベーションになっています。

──ここからは徳田さんのマネジメント論を深掘りさせてください。日ごろチームのメンバーを率いるにあたり、リーダーとして大事にしている信条はありますか?

どんなに高い目標だったとしても、メンバーに達成のイメージを持たせることを信条としています。高い目標を私がそのままパスしても、その目標を達成する価値や意味がメンバーに伝わらず、納得感がありません。私がリーダーとしてきちんと意味づけを行う必要があるのです。皆「成長したい」という意欲を持っているので「この目標を達成したり、達成するために努力したりすることが、あなたの今後のキャリアアップやスキルの向上につながるんだよ」と伝えています。目標と成長がリンクする“納得感”は重視していますね。

次のページ
着任2ヵ月で「リーダー職を離れます」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
この記事の著者

SalesZine編集部 渡辺佳奈(セールスジン編集部 ワタナベカナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間、Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、コーヒーショップで働く傍らライターとして活動。2021年に翔泳社へ再入社し、SalesZine編集部に所属。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3606 2022/07/15 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング