SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

営業の仕事は「売る」ことなのか? 「Buyer Enablment」をめぐる冒険

2024年7月12日(金)13:00~18:20

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

環境省、コンテンツ管理基盤にBoxを採用 ワークスタイル変革とセキュリティ強化を推進

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena

 Box Japanは、環境省ネットワークの更改において、コンテンツクラウド「Box」が採用されたことを発表した。行政運営のデジタル化と効率化を目指してBoxを活用することで、職員のワークスタイル改革による生産性向上とより良い行政サービスに寄与する。

 環境省は、「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」に則り、職員や組織内の情報共有、基本的な業務のデジタル化と効率化のためのネットワークシステムを運用。業務とシステムの両面から、昨今求められる職員のワークスタイル変革、行政運営のスリム化、情報システムのセキュリティ強化に取り組んできた。その一環として、省内で維持すべき必須業務を非常時優先業務、それを実施するために必要となる基盤的な業務を管理事務と定義し、必要な執行体制の構築と執務環境の確保に努めている。

 今回、環境省のネットワークシステム更改に伴い、クラウド・バイ・デフォルトに則ってBoxの導入が決定した。これにより、職員は組織内のコンテンツをストレージ容量無制限のBoxで一元管理し、自宅やオフィスからでも必要なコンテンツへアクセス(閲覧・編集・共有など)できるようになる。また、ウィルスやマルウェア対策に加え、対策が難しい内部不正やうっかりミスによる情報漏えいといった重大な情報セキュリティへの対策も強化。行政文書の電子的管理の基盤としても活用を行っている。

 Boxの導入により、情報セキュリティや行政文書のデジタル管理が強化され、またワークスタイル改革の効果として、職員が本来の業務に集中することで生産性が向上し、環境行政の推進、より良い行政サービスの提供等につながることが期待されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4134 2022/10/24 16:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年7月12日(金)13:00~18:20

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング