SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

動画活用を支援するクラウドCMS「riclink」にバーチャルキャラクター登場 営業活動にも利用可能

2020/07/30 11:30

 DXを推進するクラウドCMS「riclink(リクリンク)」を提供するシーズ・リンクは、XRを起点としたプロモーションを支援するGugenka(グゲンカ)と共同で、企業の動画配信によるプロモーション強化を支援する。動画はこちらから。

 

  営業活動や採用活動、デジタルや動画を活用する企業は増加しつつあるが、動画の場合は特にコンテンツ企画に課題を持つ企業が多いという。「誰を動画に登場させるか」「見る人が離脱しないコンテンツは何か」などの課題をバーチャルキャラクターの活用が解決し、企業のデジタル戦略のスピードを向上させることができる。

 特に転職が活発な現代では、社員が登場する動画コンテンツを作成しても退職後は使えなくなるリスクがある。バーチャルキャラクターであれば、中長期的に企業のコンテンツとして利用が可能だ。

 なおクラウドCSM「riclink(リクリンク)」を活用することで、動画内に別のコンテンツを掲載したり、動画の視聴数を計測したりすることもできる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5