SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Day 2024 Winter(AD)

営業DXの未来図:AI時代の営業活動と人材育成はどう進化していくのか

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 2024年1月25日に開催された「SalesZine Day 2024 Winter」では、ZVC JAPAN(Zoom)代表取締役会長 兼 社長の下垣典弘氏が登壇し、「営業DXの未来図:ZoomのAI活用による営業力、組織力アップ!『Zoom Revenue Accelerator』を発表」と題したセッションを展開した。Zoomが新たに発表したAI搭載の会話型インテリジェンスソフトウエア「Zoom Revenue Accelerator」が、営業DXにおいてどのような革新をもたらすのか。AI時代の営業活動のあり方や、人材育成におけるAI活用について解説した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

新たなプラットフォーム
「Zoom Revenue Accelerator」は何ができる?

 昨今、営業を取り巻く環境は大きく変化した。営業リーダーと営業担当者、あるいは営業担当者と顧客のコミュニケーションも大きな変革を迎えている中で、現場の管理者や役員、経営者が抱える課題も大きい。

 顧客とのリレーションシップの強化や、ビジョンや文化、組織づくりなどの観点で、どのような人材を育成し営業DXを推し進めていけば良いのか、悩みを口にする経営者や営業部門の役員、営業マネージャーは少なくないと下垣氏は語る。

ZVC JAPAN 株式会社 代表取締役会長兼社長 下垣典弘氏

2023年3月、ZVC JAPAN 株式会社(Zoom Video Communications, Inc.の日本法人)の代表取締役会長兼社長に就任。2022年の入社以来、Zoomの日本展開におけるさらなる成長と戦略をリードし、Zoomの日本におけるビジネス全般をとりまとめている。かねてから、スタートアップ企業育成に情熱を持ち、一般社団法人 日本スタートアップ支援協会の顧問としても活動する。

 このような組織課題の解決に寄与するのが、Zoomが2023年9月に発表した「Zoom Revenue Accelerator」だ。下垣氏が「売上を上げるためのプラットフォーム」と言い切るこの製品は、AIを活用した会話型インテリジェンス機能を備え、現場の営業担当者のパフォーマンスや生産性の向上から、営業リーダーの組織力の強化と人材育成やコーチング、さらに経営者の組織づくりやリソース計画の最適化まで支援する。

ZoomのAI活用により、EXとCXの向上を実現

 Zoom Revenue Acceleratorがもたらす価値や提供する機能を解説する前に、まずはZoomが提供するプラットフォームの特徴について触れる必要がある。

 下垣氏は「Zoomは単なる社内会議システムやビデオ会議システムではなく、“人とのつながり”を提供するコミュニケーションプラットフォームである」と強調したうえで、Zoomのプラットフォームの中核となる機能群について紹介した。これは、次の図の中央にある、チャットやミーティング、クラウド電話、スケジュール、メールなどの基本的な機能を指し、すべてZoomのプラットフォーム上で利用することができる。

 そのうえでさらにインパクトをもたらすのが、生成AIアシスタントの「Zoom AI Companion」だ。この機能は、Zoomの有償ユーザーアカウントであれば追加料金なしで利用できる。下垣氏はデモを用いながら、Zoom AI Companionの活用例を挙げた。

「たとえば自分が遅れてミーティングに入った瞬間、今までの会話内容をAIが教えてくれます。そして自分がどのようなアクションをとる必要があるのかを助言します。さらに話した内容はすべて録音・録画され、スクリプトとしても残るため、議事録を書く手間も省けます。そして内容はポストイットに自動的に生成され、ボタンひとつでサマリーをチャットやメールに添付して送ることも可能です」(下垣氏)

 これらはAIが自然に、かつ身近にサポートするように設計されており、Zoomがそばにあるだけで「生産性の向上」「人と人のつながりの強化」「顧客体験の向上」を実現できると下垣氏は言う。

 また、自社独自のAIだけでなく、ChatGPTで知られるOpen AIをはじめとするさまざまなAIのプラットフォームともコラボレーションしている点も大きな特徴だ(=フェデレートアプローチ)。「“AI戦国時代”を迎えたときにどのシステムが勝ち残るかわかりませんが、お客様の投資が無駄にならない設計でAIを搭載できるようにしています」と下垣氏は説明した。

 こうした緻密な設計が施されたプラットフォームにより、EX(従業員体験)とCX(顧客体験)が向上し、社内外のコラボレーションが推進されるという。今後は他システムとの連携機能をさらに拡充し、よりスムーズに業務を遂行できるようなデベロッパーエコシステムも構築していくと下垣氏は語った。

次のページ
Zoom Revenue Acceleratorによる これからの営業活動の変化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
SalesZine Day 2024 Winter連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

猪飼 綾(イカイ アヤ)

キクカク及びライティングユニットおたばぶのライターとして、IT・機械技術を中心に、ものづくりから飲食まで幅広い分野で取材・執筆。また、読者に愛されて、積極的かつ継続的な購買につながるファンマーケティングの観点から、オウンドメディアの運用支援やSNS運用など、Webマーケティング、ブランディング支援を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:ZVC JAPAN株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/5566 2024/03/14 11:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング