SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Day 2023 Summer(AD)

商談準備を約9,000時間削減! 素早く正確に顧客を知り、営業生産性を高める「Sansan」の活用法

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

「営業生産性の向上」とひと口に言っても、その切り口は幅広い。個人の仕事術から組織全体の仕組み化まで──具体的な取り組みに対する意識は、個人や組織によって異なる。2023年6月20日に開催された「SalesZine Day 2023 Summer」。「Focus on Results ──営業データ活用の本質」をテーマとした本イベントにおいて、Sansan株式会社 Sansan事業部 Product Marketingグループ シニアプロダクトマーケティングマネジャー 鳴海佑紀氏が登壇した。本稿では「営業生産性向上を実現させる、 営業DXサービス『Sansan』」のレポートを通して、名刺管理サービスから営業DXサービスへ進化を遂げた「Sansan」が、どのように営業生産性の向上に寄与するか解説する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

「顧客と向き合う時間が少ない」営業職の実態

 そもそもなぜ営業生産性を上げなければいけないのか。鳴海氏はマクロな視点から解説した。

 コロナ禍以前と比較して、日本の生産性は1.7ポイント低下した。グローバルで日本の生産性が相対的に低いことは知られているが、コロナ禍以降、この問題はさらに深刻化している。2030年には就業人口が644万人も減少すると予想されており、ひとりの営業がより短時間でこれまで以上の成果を上げることが、企業にとって喫緊の課題となっている。

 続いて鳴海氏は、日本企業の生産性が低い理由を解説した。マッキンゼーのレポートによると、日本企業のBtoB営業部門は、多くの時間を「商談の準備」や「社内のミーティング」といった付随業務に費やしているという。営業部門であるにもかかわらず、顧客と直接向き合っている時間が少ないのが実態なのである。

 この課題の解決策として「顧客と会う時間をとにかく増やそう」と考えるかもしれないが、時間が有限である以上、現実的には困難だろう。生産性を上げる鍵は「付随業務に費やす時間をいかに削減するか」にある。

 数々の調査レポートから、「顧客の情報を知る」という行為に多くの時間が費やされていることがわかった。顧客に関する情報があらゆるツールやメールボックスなどに異なる粒度で保管され、一元管理できていないことで、情報の収集・整理に手間取ってしまうのだ。

 別の調査結果によると、1回の商談準備にかかる時間は平均で約43分、約7割の人が「商談に向けた十分な準備ができていない」と感じているという。43分という時間が長いか短いかはさておき、43分を費やしているにも関わらず、約7割の人々が十分な準備ができていないと感じていること自体が問題だと鳴海氏は指摘する。

「現場のメンバーやマネージャー、そして経営層、すべてのレイヤーが向き合わなければならないのがこの部分です」(鳴海氏)

次のページ
名刺管理から営業生産性の向上へ 「Sansan」の提供価値

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine Day 2023 Summer連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:Sansan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/4920 2023/07/27 11:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング