SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス

部下や後輩に効率良く働いてもらうための最強ツールとは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 あなたが営業所長、もしくはチームのリーダーだったとする。結果を出さない部下を見て「ノルマを達成してもらわないと困る」と言いたくなることがあるだろう。そうかと思えば、効率良く結果を出す部下もいる。リーダーとしてはこういった部下をひとりでも増やしたい。結果を出す営業スタッフとそうではないスタッフ、その差は何なのだろうか? 努力の差? それとも営業センスの差なのか? いや、そうではない。その差は能力の違いではなく、あるものを使っているかどうかで決まってくる。結果を出す営業スタッフが必ず活用しているツールがある。その使い方を指導すれば結果を出さない部下も出せるように。今回はその最強ツールについて紹介させていただきたい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

知っているけどやっていないの典型“やることリスト”

 先日、研修でお世話になっている会社の部長から「このご時世なのに、順調に結果が伸びている」という話を聞いた。その理由を聞くと「菊原先生が紹介してくれたツールを使っただけですよ」という。そのツールとは、ズバリ“やることリスト”のこと。その存在は誰でも知っているが、実際に活用している人は少ない。やることリストは“知っているけどやっていないこと”の典型だともいえる。

 私は営業コンサルタントとして何千人もの営業スタッフと出会ってきた。結果を出す人とそうでない人の差は実力や努力の差ではなく、仕事を効率良くこなす方法を知っているか知らないかの差だと考えている。仕事を効率良くこなすために、やることリストは非常に有効的な手段。結果を出している人はスタイルは違うにしろ、必ずやることリストを活用している。そして無駄な時間を極限まで減らし、仕事をサクサクとこなしているのだ。

 営業スタッフ時代、ケアレスミス一発で信頼が吹き飛んでしまうという経験をした。お客様からの連絡をメモせず忘れて大問題へと発展させてしまった。クレームになればその処理に何倍もの時間と労力をつぎ込まなくてはならなくなる。営業スタッフとしてものすごい大きなダメージなのだ。

 

 調子がちょっと良くなったときこそ、必ず同じような間違いを犯す。そのたびに「あぁ、なんであんなミスをしてしまったのか……」と頭を抱えて後悔したものだ。やることリストを活用し、つまらないミスが減れば足かせとなる厄介なクレームから逃れられる。それだけでも仕事はとてつもなく効率的になる。

 またやることリストの使い方をマスターすれば、「一日中動き回ったが、成果はほとんど得られなかった」と空しい思いをしなくて済む。どんなに能力がある人でもリスト化せず、記憶だけに頼って仕事をしていれば、空回りもするしミスも犯す。これではせっかくの能力も発揮できずに終わる。

 私はさんざん苦渋を味わったあげく、やっとのことでやることリストを活用するようになった。そこから受けた恩恵は計り知れない。住宅営業のトップ営業スタッフだったころ、仕事量が以前の4倍に跳ね上がったのにも関わらず、 ほとんどミスなく現場をうまく回していた。しかも余裕で仕事を終えて毎日定時で帰っていた。私の能力が上がったから、と言いたいところだが、これはやることリストの力である。もちろん今の仕事になってからもフル活用している。

 やることリストはもっともかんたんに仕事を効率化し、ダイレクトに時間短縮につながる。しかも導入コストもかからず、今すぐ運用可能だ。これを使わない手はない。では、具体的な方法について説明をする。

次のページ
やることリスト運用の4ステップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

営業サポート・コンサルティング株式会社 代表取締役 菊原智明(キクハラトモアキ)

群馬県生まれ。大学卒業後営業の世界へ。「口ベタ」、「あがり症」に悩み、7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。その後訪問から”営業レター”に手法を変えたことで4年連続トップの営業マンに。2006年に独立、講演活動、研修を行っている。2010年より関東学園大学にて学生に向け全国でも珍しい【営業の授業】を行い、社会出てからすぐに活躍できるための知識を伝えている。2019年までに56冊の本を出版。ベストセ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3240 2022/02/21 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング