SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

インサイドセールスという仕事

現場に無理をさせないシステムで業務を効率化! 不動産売買業界でインサイドセールスを立ち上げたワケ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 顧客に会えないコロナ禍、IT業界を中心に多くの営業組織がオンライン商談を経験し、並行して継続的に顧客とつながるためのマーケティング施策やインサイドセールスの立ち上げを経験したのではないだろうか。一方で、有形商材を販売し対面の営業活動が中心となるイメージも強い不動産業界ではどのような変化が起こっているのだろうか。不動産売買を中心に展開するハウスプラザ・渡丸さんに、コロナ禍以前から進んでいた業務効率化、そしてインサイドセールス立ち上げの実践について、大事にしてきた思いとともにうかがった。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「現場に無理をさせないシステム」で度重なる入力業務を効率化

――渡丸さんはウェブ業界から不動産業界へとジョブチャレンジされたんですね。

大学時代からインターンでウェブサイト制作等をしていたのですが、卒業後はゲーム制作会社に就職しイラスト制作などデザインに関わる仕事を経験しました。2016年に不動産売買を主業務とする当社に転職し、「業務部」という書類をつくる部門に所属しました。前職よりも楽になる部分もあるかなと思って転職をしたところもあったのですが、まったくそんなことはなく(笑)。業務部ではお客様が購入する住宅の場所など、契約書をつくる際に同じ情報を何度も入力するんですね。「入力業務」をもっと効率的にできないかなという考え方にシフトしていきました。

 
株式会社 ハウスプラザ おうちサロン 渡丸優生さん

――改善に取り組むにあたって、業界特有の課題などつまづく部分はありましたか。

不動産売買は案件1つひとつの責任が非常に重い業態です。法律の取り決めもありますし、無形商材ではなく有形の住宅を扱うため、売買に限らず不動産業界自体にまだまだ紙・ハンコ文化は根強いです。業務改善のために、手軽なSaaSを使うという手段もありますが、ITに不慣れな人も多い中で、使いこなせる人と使いこなせない人の線引きがそのまま「仕事ができる人」「できない人」の線引きとなってしまっては、皆が幸せになれません。勝手に効率化に取り組み始めたものの非常に悩みました。

入社して5年めの私より長く勤めている人が多いですから、これまでのコツコツと入力をこなすやり方が当たり前なんです。それによってミスが起こってしまうことを問題視する声はありましたが、「システムを導入して変えよう」という考え方はありませんでした。そこで、「現場に無理をさせないシステム導入」という軸を決めて課題解決を進めていきました。

――入力業務が多く、さらに1つひとつのお仕事の責任も重い。そんななかで、どのように効率化をスタートしたのでしょうか。

現場に無理をさせない、の最たるものだと思いますが、書類を自動で入力できるようにつくりかえました。インターフェースはExcelで、現場としてはこれまでと同じようにExcelを開き、そこでボタンを押すと自動で書類が出るようになっています。いま振り返ると裏側はかなり汚いコードですが……。もともとECサイトなどをさわった経験もあり、データベースの呼び出し方はわかっていたのですが、Excelの動かし方などは自分で勉強しました。

 

それまでは、データをつくっている人と使いたい人が別で、「○○さんローデータ下さい」「準備します」のやりとりが電話で行われていたのですが、ボタンひとつで出せるようになったことで、手間はかなり削減されたようです。

 
渡丸さんが作成した、業務を効率化するExcelファイル

次のページ
コロナ禍でもインサイドセールスによる「自動メール配信」を実行

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
インサイドセールスという仕事連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2565 2021/06/15 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング