SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

不動産ソリューション事業を展開するグローバル・リンク・マネジメント、MAツール「SATORI」を導入

2019/09/11 11:00

 マーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「SATORI」を提供するSATORIは、不動産ソリューション事業を行うグローバル・リンク・マネジメントの「SATORI」導入事例を公開。

 

 グローバル・リンク・マネジメント社では、マーケティング施策を行うことで獲得できる見込み顧客は増えたが、獲得したあとのアプローチをうまく行うことができず、確度の低い見込み顧客に対して長い目で見たマーケティングができていなかったという。そのためMAツールを活用し、見込み顧客との関係性構築や匿名顧客へのアプローチを行いたいと考えていた。

「SATORI」選定理由

  • 匿名顧客へのアプローチが可能
  • 他社と比較してのコストパフォーマンスの良さ
  • 国産のMAならではの見やすくわかりやすいUI
  • オプションサービス「有償サポート」による徹底したサポート

活用イメージ

  • シナリオを使ったメール配信
  • 休眠顧客に対するポップアップ機能でのCV促進

担当者コメント

 「3年ほど前に他社のMAツールの導入を検討したことがありました。でも、外資系のツールで、英語もまともに読めなくて、セッテイングの時点でつまずいてしまいました。結果、導入するまで至らなくて…。次はそんな失敗はしたくない。『SATORI』の見やすくわかりやすいUIは、そんな私たちの要望を完全に満たしてくれるものでした」(管理本部 経営企画部 部長 IR・広報課 課長 兼 営業本部 営業推進部 マーケティング課 課長 竹内氏)

 「興味がありながらもアクションがない匿名状態の顧客のニーズをより深く知ると同時に、そういった顧客を可視化できれば、成約につながるはず。その仮定のもと、匿名顧客へのアプローチの機能は弊社にとって欠かせない機能でした」(営業本部 営業推進部 マーケティング課 課長代理 金井氏)

 「『見込み顧客を獲得して終わり』ではなく、『サービスをより深く知ってもらうための施策やニーズに合わせたアプローチを細かく実施し、契約につながる顧客になってもらう』というところまで持っていきたいと考えています。以前までの弊社ではできなかったことですが、豊富な機能を搭載した『SATORI』、そしてその効果を最大限に有効活用できる『有償サポート』を導入したことによって、間違いなく実現できると確信しています」 (営業本部 営業推進部 営業推進課 係長 黒川氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5