SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2023 Winter

2023年1月26日(木)10:00-16:00

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

約6割の職場に“働かないおじさん/おばさん”が存在 「自分がそうだ」という回答も/弁護士ドットコム

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 弁護士ドットコムは「働くことを考える調査」を実施。その中でも「働かないおじさん」の問題に注目し、結果を発表した。

調査概要
  • 調査機関:自社調査(弁護士ドットコム一般会員を対象)
  • 調査方法:弁護士ドットコム一般会員を対象にウェブアンケートを実施
  • 調査対象:弁護士ドットコムの一般会員1,053名
  • 調査期間:2022年10月19日~10月25日

調査結果

 雇用労働者767人を対象に、職場に「働かないおじさん(おばさん)」がいるかたずねた。その結果、58.7%が「いる」と回答。「自分がそうだ」(4.2%)と合わせた計62.9%が「職場に働かないおじさん(おばさん)がいる」と回答した。

「働かないおじさん(おばさん)」の実態

(職場に「働かないおじさん(おばさん)がいる」と回答した人)

  • いつもパソコンを眺めているだけで、何も仕事をしないくせに仕事を頼むと「何で俺がこんな仕事やらなきゃいけないんだ」と高圧的に騒いで断る。ただ居るだけ(従業員数1,000人以上)
  • 仕事がないので定時を待って帰るのだが、罰が悪いのか必ず外線電話がかかってきたふりをして出かけるから帰る。実はこの電話どこにもつながっておらず自作自演(従業員数1,000人以上)
  • 過去の成功体験をアップデートせずに、時代遅れのプランを裏付けもなく非論理的に主張してきて、その点を指摘しても強弁するだけの対応しかできない(従業員数20人未満)
  • 自分はこれが苦手、できないを常に言う人がいます。あの人は出来なくても、仕方ない感を出していて、人に仕事を任せています(従業員数300人~999人)

自身のキャリアについて思うこと

(「自分がそうだ」と回答した人)

  • やっても、やらなくても給料は、さほど変わらない。やってるように思わせられれば、給料はもらえる(40代男性、会社員・会社役員)
  • 毎年新たなスキルや資格を習得するよう心掛けているが、習得したスキル等を活かせる部署に配属されたためしがない(40代男性、公務員・団体職員)
  • 年齢によって働くスタイル、働く内容が変わってくる。年齢が高くなれば若い時分のようにはバリバリ働けないが、培った経験則と人脈がありわずかな労力で相当な対価を得ることができると思う(50代男性、会社員・会社役員)
  • そろそろ若い者に仕事を任せて、自分はルーティンワークに徹したい(50代男性、会社員・会社役員)

「自分がそうだ」と回答した32人を除く雇用労働者735人に対して、なぜ「働かないおじさん(おばさん)」は働かなくなったと思うかたずねた。その結果、「働いても働かなくても待遇が変わらないから」(64.2%)がもっとも多く、「年功序列で、ある程度の給与やポジションが保証されているから」(51.3%)、「職場の雰囲気がゆるいから」(32.7%)と続いた。

 自身が将来「働かないおじさん(おばさん)」になる可能性があるかたずねたところ、22.9%が「ある」と回答した。

 無職、個人事業主・自営業、学生も含めた回答者全体に対して、社会全体で「働かないおじさん(おばさん)」が増えないために何がもっとも必要かたずねた。その結果、「年功序列をやめて、給与に差をつける」(30.2%)がもっとも多く、「解雇をしやすくする」(16.0%)、「中高年になってからの学び直しを促進する」(14.1%)と続いた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4265 2022/11/23 06:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2023年1月26日(木)10:00-16:00

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング