SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

ヤフー、民間取引先との契約手続き「100%電子サイン化」に着手 DX推進の一環、来年3月末を目処に

2020/05/20 05:00

 ヤフー(Yahoo! JAPAN)は、取引先との契約の捺印や署名を電子サインに切り替え、2021年3月末までに法的要件や取引先の事情により対応できない場合を除く民間取引先との契約において「100%電子サイン化」を目指す。

 同社は、以前から働き方改革、およびデジタル技術で社会をより良く変えていくデジタルトランスフォーメーションの一環として、社内の申請や対外的な契約において電子化を推進してきた。

 新型コロナウイルス感染症の影響の長期化が予想されるなかで、出社を余儀なくされる紙の契約書の捺印手続きを早急になくすべきと判断し、今回2021年3月末までに「100%電子サイン化」を進めることを決定した。

 電子サインを活用した電子契約の主なメリットは次のとおり。

  • 印刷、製本、送付、保管などの手間がかからず、締結までの時間を短縮
  • 印紙税が不要となり、費用削減に
  • 契約書をデータで保管するため、紙と比べて紛失・漏洩リスクが低減
  • 契約書名や取引先名など、さまざまな条件での参照・検索が可能に


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5