SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Next Leaders' Hint

メンバー1人ひとりの“持ち味”を活かしたい 理系出身の営業リーダー・ソウルドアウト今井さん

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

「男社会」や「体育会系」の印象が強かった営業職。近年はそのようなステレオタイプが解消され、営業職のロールモデルは多様化しています。本連載では、ロールモデルのひとつとして「営業組織の女性リーダー」にフォーカス。営業担当者としてのキャリアの重ね方やリーダーとしてのマネジメント論、今後に向けたチャレンジなどを語っていただくことで、営業職で活躍したい読者にヒントを提示します。第5回はソウルドアウトの今井さんに話をうかがいました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 理系学生が、入社3年で営業リーダーに

──はじめに、今井さんの担当業務を教えてください。

ソウルドアウトのカンパニーのひとつ「マーケティングカンパニー」で、中小・ベンチャー企業の事業成長をデジタルマーケティングで支援しています。人材・エンタメ・ライフイベント産業の既存顧客を担当する部署に所属し、営業のチームリーダーとして、新卒からベテラン社員まで在籍する10名のチームを管轄しています。

──今井さんは新卒でソウルドアウトに入社されています。理系学生が営業職を選ぶ。あまり多くはないケースだと思いますが、なぜ、ファーストキャリアとしてソウルドアウトの営業職を選んだのでしょうか。

理系の学部(工学部応用化学科)を専攻して大学院まで進学しましたが、研究職など理系の職種を選ぶつもりはありませんでした。目に見えないものよりも、人のことを思って働ける仕事がしたかったんです。最初は大手メーカーの総合職を受けていましたが、志望動機がうまく伝えられず難航してしまって。そこで改めて、自分が大切にしたい軸を考え直しました。

そして決めた軸はふたつ。ひとつは「成長環境」です。結婚・出産というライフイベントを迎えても働き続けるため、「一緒に働きたい」と思ってもらえる人材に成長したい。だからこそ、20代で裁量の大きい仕事を経験できるベンチャー企業にターゲットを変えました。

もうひとつの軸は「人を思って働けること」。顧客の課題に寄り添って最適なソリューションを提案するマーケティング領域の仕事は、「人のために働いている」と実感しやすいのではないかと考えました。こうしてベンチャー企業×マーケティングの軸で就活を再スタートし、理系学生向けの就活イベントでソウルドアウトと出会ったんです。

ソウルドアウト株式会社
リードビジネス本部 アカウント第6グループ
グループ長 今井菜通子さん

就活中の面談といえば、社内MVPの受賞者などトッププレーヤーを紹介する企業が多い中、ソウルドアウトは就活生のバックグラウンドにマッチする先輩社員を紹介してくれました。私の場合、理系出身の先輩社員ですね。「1人ひとりを大事にしている会社」だと感じました。

また、就活生向けに実施された営業職のワークショップも印象に残っています。就活するまで、営業は泥臭く勢いがあること、トークが上手いことが求められる職種だと思っていました。もし営業になるなら「理系として学んだスキルは活かせなくてもいいや」とも思っていたんです。だから、ワークショップでExcelを用いたデータ分析を体験したときは「こういう理系っぽいこともするのか」と意外でした。理系出身ならではのスキルを活かしながら営業として活躍するイメージが湧き、ソウルドアウトへ入社を決めました。

次のページ
良い結果でも「それはなぜか?」を考える思考回路

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
Next Leaders' Hint連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 高橋愛里(セールスジンヘンシュウブ タカハシアイリ)

1992年生まれ。新卒で総合情報サービス企業に入社し、求人広告の制作に携わる。2023年翔泳社入社。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/4959 2023/08/17 07:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング