SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

『THE MODEL』を読んだすべての人へ 成長を続けるための3つの基本戦略

『THE MODEL』で本当に伝えたかったこと


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 2019年1月に刊行された『THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス』(福田康隆/翔泳社)は、瞬く間に新時代のビジネスパーソン必読のプレイブックとなった。本書の中で、読者が注目するポイントは第2部・第3部の「マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの分業体制やプロセス」であることが多い。しかし、これらのプロセスを自社に合わせて適切に運用し、成長し続けるために必要なのは、第4部の「市場戦略」「リソースマネジメント」「パフォーマンスマネジメント」である。本連載では、福田氏直々に、刊行から約3年が経ついまあらためて読者に伝えたいポイントを複数回にわたって解説いただく。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

『THE MODEL』刊行から3年 書籍名に込めた思い

『THE MODEL』(翔泳社)を2019年1月に出版してからもうすぐ3年が経過しようとしています。出版前は外資系IT企業やSaaS業界など一部の限定された人しか興味を示さないだろうと考えていました。当時マルケトの年次カンファレンスに参加登録してくださるお客様が5,000人程度でしたので「そのくらいの部数が売れると嬉しいな」と考えていたのを思い出します。しかし、ありがたいことに予想に反して幅広い層の方に手にとっていただくことができました。出版後はIT業界だけでなく、製造業、金融、教育、大手、スタートアップなどさまざまな分野の方からお声がけをいただくようになりました。

 この3年でSaaSに関する情報発信はさらに加速されています。また「マーケティング」「インサイドセールス」「営業」「カスタマーサクセス」など各役割を深く掘り下げた書籍の刊行や、セミナー・勉強会なども活発に行われるようになり、日本全体のレベルが向上してきたことを実感しています。

 一方で『THE MODEL』を次のように解釈されるケースが多いのも事実です。

  • セールスフォース・ドットコムが創業当初から実践している成功モデル
  • 分業体制で商談化率や受注率などのKPIを管理するオペレーション
  • インサイドセールスやカスタマーサクセスが肝
  • SMB市場や単一製品を販売するのに適したやり方であり、エンタープライズ市場には不向き

 これらはある一面を取り上げれば間違ってはいませんが、『THE MODEL』を通じて伝えたかった本質ではありません。もともと本を執筆したきっかけは、2017年ごろに「うちもセールスフォース・ドットコムをお手本にしたい。The Modelというやり方があるらしいので勉強しています。インサイドセールスを導入したり、商談フェーズを8段階に設定して実践しているんです」というお客様に立て続けに出会ったことがきっかけでした。

 

 成功している会社を模範にすることは良いことですが、その手法とマッチしていないのではと思われる会社が盲目的に実践しようとしているのを見て、警鐘を鳴らさなければならないというある意味で勝手な使命感で出版したのが『THE MODEL』です。

 多くの方が「The Model」という言葉で想像するチャートはそもそも各役割に分けてKPIを管理することが目的ではなく、オペレーション上の課題となるボトルネックを特定するために採用した手段に過ぎません。書籍でも少し触れたように、もともとThe Modelという言葉は2004年当時、セールスフォース・ドットコム日本法人のオペレーション改善のために行われたプロジェクトのコードネームでしたが、実際に皆さんがよく目にするチャートは作成した20ページほどの資料の1枚に過ぎません。

 またリサイクルの概念や89ページで紹介しているフローや残高の考え方は、私がマルケトで学んだものです。本のタイトルも「The Art of Sales」(孫氏の兵法が英語名ではThe Art of Warであることにちなんで)や「Playbook」という言葉を使う予定でしたが、最終的にはThe Modelの表面的な理解ではなく、本質を伝えたいという意味を込めて大文字の『THE MODEL』としました。

次のページ
THE MODELの本質はリソース配分にあり

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
この記事の著者

福田康隆(フクダヤスタカ)

ジャパン・クラウド・コンサルティング株式会社 代表取締役社長。早稲田大学卒業後、日本オラクルに入社。2001年に米オラクル本社に出向。2004年、米セールスフォース・ドットコムに転職。翌年、同社日本法人に移り、以後9年間にわたり、日本市場における成長を牽引する。2014年、マルケト入社と同...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2972 2021/11/19 10:07

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング