SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

ニューノーマル時代の周りと差がつくオンライン・ビジネスマナー

「自宅のWi-Fi環境が悪くてごめんなさい」は危険信号? いまさら聞けないリモート環境整備の基本

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

「お客様とのファーストコンタクトはオンラインで」が当たり前となってきた営業パーソンの方も多いのではないでしょうか。本連載では、オンラインマナー講師・朝倉みや子さんに、オンラインに手慣れてきたいまこそ、周りと差をつけるためにしっかり学んでおきたいオンライン・ビジネスマナーについて解説いただきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

自宅でオンライン背景に適する場所を選ぶポイント

自宅からのリモートの場合、生活感のあるものを映さない

 ニューノーマル時代の「新しい生活様式」により、働き方も大きく変わりました。直接顔を合わせることが当たり前だった企業でも、Zoom等を使用したテレビ会議が主流となり始めています。

 かつては、直接お会いするからこそ伝わる人柄や雰囲気、感情が総合的に組み合わさることで、「印象」をかたちづくっていました。一方、リモートワークでは「あなたという人間」は四角い画面に映る一部分と、画面から伝わる声だけで印象づけられてしまいます。

 

 リモートワークは便利ですが、どうしても「印象の差」には外的要因が絡んできます。リモートワークが当たり前になった今だからこそ、人と差がつくオンライン・ビジネスマナーを身につけていただきたいと考えています。

 今回はビジネスシーンで相手の方に「聴く姿勢」になってもらえるオンライン環境の整え方をお伝えしてまいります。まず、自宅からのリモートの場合、注意したいのが背景です。
  • 生活アイテム(ヘアスプレー、除菌スプレーなど)が映り込んでいないか
  • 本棚が映っている場合、きちんと整理されているか

 など、生活感が出るものが映っていないかどうかをチェックしましょう。もちろん、部屋干しや取り込んだ洗濯物が映っているというのは言語道断です。

 また、ビジネスシーンの場合、ひとり暮らしのワンルームの方は部屋のベッドが背景に映っていないかなども留意されたほうが良いでしょう。

 特に社外の方との打ち合わせの時には注意が必要です。オフィスでも、社外のお客様のご来社時には綺麗な応接室にご案内しますよね。あなたの背景はまさに「応接室」そのものだと意識していただきたいと思います。

窓際は天候によって明るさが変わるため注意

 自宅の中で、テレビ会議時の定番スペースを決めている方も多いと思いますが、窓際スペースをよく使う方は天候によって明るさが変わることにも気を配ることができればなおGoodです。

 晴天時の窓際は明るそうに感じますが、意外と画面を通すと暗くなってしまうこともありますから、テレビ会議前に内部カメラのテストを実施するのをお勧めいたします。また、窓際が暗く感じる際には、窓際が左側であれば右側にライトを置くと、明るく見えることもありますので試してみてください。

 

ソファーやカーテンの色が暗めの場合は画面に映ったときの配分に注意

 証明写真の背景が白であるように、基本的に人物の印象をクリアに見せてくれるのは明るい色。特にビジネスシーンでは自宅にいてもオフィスと違和感がないように、白い壁の背景が、いちばん印象良く見えます。万一ソファーやカーテンの前にリモートスペースを設けられていて、その家具の色が黒やグレー、濃紺など暗めの色の場合は画面に映った時の配分が多くなりすぎないよう配慮が必要です。映るとしても、顔周りにはあまり暗い色がこないように注意しましょう。

次のページ
画面越しの集中力を高める背景のポイントは「ひき算」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
ニューノーマル時代の周りと差がつくオンライン・ビジネスマナー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

朝倉みや子(アサクラミヤコ)

1982年生まれ。静岡県出身。新卒でシャネルにファッションアドバイザーとして入社。三井物産に転職後、10年以上秘書を務め、2018年にマナー講師として起業。ブラッシュアップスクールRICCAが評判となる。2020年よりブランディングプロデュース事業を開始。いち早くオンライン化を取り入れ、コロナ禍で売...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2920 2021/11/04 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング