SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

セールスDX研究所(PR)

BtoBセールスはOMOという戦略を活かせるか 「二面市場化」を正しく理解し、武器屋から勇者の仲間へ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

営業は「武器屋」から「旅の仲間」へ

――BtoBならではの難しさがいくつか挙がりましたが、NTTコミュニケーションズさんが今、実際に直面している課題はどのようなものですか。

梶原 データを活用した営業活動が重要になってきますが、一方で、営業担当者の協力を得て、リアルで正しいデータを収集・蓄積できる仕組みを強化する必要があります。このような仕組みをつくるには、営業担当者に「そのデータが何の役に立つのか」を理解してもらうことが重要です。やみくもにデータを集めてくださいではなく、社内でも、まず営業担当者とゴールを共有し、そのゴールに至るプロセスを定義したうえで必要な情報やアクションを整理して、一緒にお客さまにダイブしようと呼びかけています。

藤井 営業担当者がきちんと動けるようにエクスペリエンスを設計する必要性は、OMOが二面市場化する難しさにも似ていると思います。たとえばペイメントアプリの導入を考えるときには、アプリを使う消費者、そして導入するお店というふたつの市場が存在します。OMOには常にこの二面性があり、両方のユーザーについて深く考えないとうまくいきません。OMOのUX設計が難しい理由はここにありますが、営業組織の変革にも同じことが言えるわけです。

梶原 まさに、お客さま担当者の体験をも意識して営業をする必要があると思います。これまでは「こういう製品がありますよ」と説明をしたら、あとは価格の話を詰めれば良かったのが、これからはそうはいきません。お客さまと一緒に、どうやればサクセスを実現できるかを考え、KGIやKPIを設定し、その達成に向け一緒に進んでいく。ロールプレイングゲームでたとえるなら、武器屋や道具屋のような存在から、主人公の仲間に変わっていきたい局面です。むしろそれをやらなければ私たちのビジネスがなくなってしまうという危機感を持ち、仲間として戦うための武器が何なのか? を考える頭にシフトする必要があると思っています。何かを変えるときにはストレスやコンフリクトがありますが、これをいかに乗り越えるかが鍵になるでしょうね。

 
NTTコミュニケーションズ株式会社 ビジネスソリューション本部
第一ビジネスソリューション部 ビジネスデザイン部門 担当課長 梶原卓哉さん

――そうした課題に向き合いながら、現在はどのようにOMOの取り組みを進められていますか。

笹谷 NTTコミュニケーションズはもともと電話の会社でしたが、ビデオ会議や、チャットサービスなどさまざまなコミュニケーション商材を抱えるようになりました。そういった、あらゆるチャネルから取得できるお客さまデータを統合・活用して、お客さまに最適な提案をできるようにしたいと考えています。新たなチャネルのひとつにVRがありますが、VRはエンドユーザーから出てくる情報量とこちらの取得できる情報量が圧倒的に多く、かつそれを自然にできるため、新たな顧客行動の理解につながると期待しています。もちろんこれまでの強みである音声や映像の情報もマージしながら、まずは1つひとつのタッチポイントの質を上げていくことですね。

藤井 たしかに、消費者にとってもVRは良質なインプット先になると思います。一方で、最近注目されているメタバースにも同じことが言えますが、VRやメタバースを使うことによってユーザーが得られる価値を突き詰めて考える必要があります。

 インターネットはもともと匿名のままつながることができ、それによってリアル空間で受ける圧迫を解消してくれる点が特徴でした。それがSNSの登場によってリアルへの影響が強くなり、より圧迫されてしまうケースが増えてきています。それ対して再び自由に自己を拡張できるのがVRやメタバースであり、従来のオンラインにはない世界として捉えなければ意味がありません。たとえば、リアルの世界を模倣したオンラインイベントをやっているのはダメな例ですね。リアルの物理制約を模倣するのではなく、すべてをデジタル起点で考えるべきなんです。

梶原 BtoBのイベントだとどうしてもオーソドックスな手法を選びがちになってしまいますが、このあたりも新たな取り組みを試していきたいです。

――最後に、今度の営業組織とOMO戦略において重要なことをお聞かせください。

藤井 OMOの時代には、PCのロジックでもモバイルのロジックでもなく、ストレートに生活に直結するデジタルのあり方を考えることが不可欠で、BtoBであっても同様のことが言えると感じます。ペイメントアプリの例に代表されるような二面市場化の特徴を捉え、消費者側とビジネス側、お客さまと営業担当者――消費者やお客さまにとってメリットがあり、ビジネス側や営業担当者が納得してモチベーション高く使うことができるというのが、シンプルに幸せな状態ですよね。

梶原 そうですね。ゴールがあって手段があることを忘れない、これに尽きると思います。NTTコミュニケーションズの営業組織としては、トライアンドエラーを繰り返しながら、お客さまのサクセスにコミットする新たな営業プロセスの定型をつくり、また、それをお客さまと共に変化させていきたいと思います。

笹谷 とはいえお客さま自身も含め、最初からゴールが見えている人はほとんどいません。そこをおざなりにすると「とりあえずデータ分析して」「とりあえずオンラインにして」といったオーダーにつながってしまいます。まずは課題の明確化から支援していくこと、その体制をつくっていくことが重要だと考えています。我々NTTコミュニケーションズでは、このような取り組みをもとに、オフライン・オンラインなど多様化する接点を集約し、お客さまとその先にいる消費者に最適な情報・体験を提供するプラットフォームによって、お客さまビジネスのチャネル改革をSmart CXとして取り組んでいきます。

藤井 今日OMOの話をすることになったとき、「お客さまのサクセスから考える」という前提を自然と共有できたのがうれしかったです。一緒に次の世の中をつくっていける同志の方がいるなと思いました。日本は、ややもすると手法論に陥りがちで、それはそれで重要なのですが、手法はあくまでも手法にすぎないことをしっかり理解したうえで、顧客を成功に導く社会を多くの企業と一緒につくっていけたら良いなと思います。

――ありがとうございました!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
セールスDX研究所連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2854 2021/11/02 14:25

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング