SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

社員のリスキリング促進、学習機会だけでなく目標・キャリア・処遇の透明性が重要/パーソル総合研究所調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 パーソル総合研究所は、リスキリングに関する個人の実態を定量的なデータで把握し、経営・人事に資する提言を行うことを目的に調査を実施。その結果を公開した。

調査概要

調査結果

リスキリングの実態

 20~59歳の正社員3,000名を対象に、リスキリングの実態をたずねた。「一般的なリスキリング経験」のある人は3割前後、「デジタル・リスキリング経験」のある人は2割程度。また、「リスキリング習慣」がある人は3割弱という結果になった。

一般的なリスキリング経験

  • 新しいツールやスキルを学んだ経験がある:32.6%
  • 知らない領域の知識を新しく学びなおした経験がある:32.1%
  • 新しく仕事の専門性を広げた経験がある:29.9%

デジタル・リスキリング経験

  • 新しいデジタル技術やテクノロジーを習得した経験がある:21.0%
  • ITツールやプログラミングなど、デジタル領域の知識を学びなおした経験がある:20.0%
  • 統計データ解析やAI・機械学習などを用いた分析スキルを新たに身に付けた経験がある:15.9%

リスキリング習慣

  • 仕事の専門性を広げ続けている:29.4%
  • 知らない領域の知識を新しく学び続けている:28.1%
  • 新しくでてくる業務上のツールやスキルを学び続けている:27.2%

 一般的なリスキリングとデジタル・リスキリングの経験の実態について、リスキリングが盛んな業種は「情報通信業」「教育、学習支援業」「金融業、保険業」。リスキングが盛んな職種は「IT系技術職」「経営・経営企画職」「営業推進・営業企画職」「商品開発・研究職」「企画・マーケティング職」という結果に。

 性年代別では、女性の40~50代においてリスキリングの経験・習慣が減少する傾向が見られた。

リスキリングを促進する人事制度・人事管理の在り方

 リスキリングを促進する人事制度や人事管理の在り方について、一般的なリスキリングには「目標の透明性」がもっともポジティブに影響し、デジタル・リスキリングには「キャリアの透明性」がもっともポジティブに影響していた。また、「処遇の透明性」はどちらのリスキリングにもポジティブな影響が見られた。一方、「会社都合の異動の多さ」は、一般的なリスキリングに対してネガティブに影響した。

リスキリングを促進する上司の在り方

 リスキリングを促進する上司マネジメントの在り方について、一般的なリスキリングには、上司自身の「探索行動」「ビジョンの体現」がポジティブに影響していた。一方、デジタル・リスキリングには、「探索行動」のほか、上司からの「キャリア支援」がポジティブに影響していた。

リスキリングと変化抑制意識

 リスキリングを阻害する要因について、「変化抑制意識」が高いほどリスキリングをしない傾向が見られた。

 変化抑制意識の実態について、36.5%が「今の組織で仕事のやり方を変えることは大変だ」と思ったことがあると回答(「ある」15.0%、「たまにある」21.4%の合計)。32.3%が「自分だけが仕事のやり方を変えてもしょうがない」と思ったことがあると回答した(「ある」12.5%、「たまにある」19.8%の合計)。

リスキリングとアンラーニング

 リスキリングと「アンラーニング」の関係性を探った。

アンラーニングとは

 これまでの仕事にかかわる知識やスキル、考え方を捨て、新しいものに変えていくこと。「それまでの仕事のやり方を続けても、成果や影響力の発揮につながらない」など、自身の限界を感じる経験(限界認知経験)によって促される。

 具体的な業務経験として、顧客との大きなトラブル・損失計上といった「業務上の修羅場」、他組織との共同プロジェクトや副業・兼業等の「越境的業務」、新規事業やプロジェクト立ち上げといった「新規企画・新規提案業務」などがある。

 アンラーニングを頻繁に行っている人のほうが、リスキリングも多く経験している傾向が見られた。

 役職滞留年数とアンラーニングの関係を見たところ、役職に就いて3ヵ月~半年未満でアンラーニングはピークに達し、その後現状する傾向が見られた。また、人事評価について、5段階中4の評価を受けている就業者がもっともアンラーニングが低かった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/3762 2022/07/25 06:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング