SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

倒産経験がある経営者、38.5%が「内部留保で倒産は防げたはず」と回答/YKプランニング調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 YKプランニングは、直近10年以内に倒産経験がある経営者(元経営者)を対象に、「企業の倒産理由や原因」に関する調査を実施。その結果を発表した。

  • 調査概要:「企業の倒産理由や原因」に関する調査
  • 調査期間:2022年6月14日(火)~2022年6月16日(木)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査人数:1,003人
  • 調査対象:直近10年以内に倒産経験がある経営者(元経営者)
  • モニター提供元:ゼネラルリサーチ

調査結果

 倒産時期についてたずねたところ、「コロナ前」が46.7%、「コロナ後」が53.3%という結果に。

 倒産の原因は「販売・客足の低下」(49.8%)がもっとも多く、「原材料の高騰や供給不足」(19.7%)、「売掛金の回収不能」18.2%、「人手不足」(17.7%)、「怠慢経営のしわよせ」(14.3%)、「関連企業の倒産」(8.5%)、「不測の事態(病気や事故、天災など)」(8.4%)、「在庫管理の失敗」(7.7%)、「エース・キーマンの退職」(7.1%)、「設備投資過大」(7.1%)、「後継者問題」(6.6%)、「不祥事による信用力低下」(3.7%)と続いた。

 倒産の予兆を感じた時期は「1ヶ月前」が6.2%、「~2ヶ月前」が8.0%、「~3ヶ月前」が24.9%、「~6ヶ月前」が28.8%、「~1年前」が17.1%、「~それ以前」が15.0%という結果に。

 予兆を感じた理由は「預金通帳残高の大幅減少」(29.7%)がもっとも多く、「大口得意先の倒産」(15.0%)、「競合他社へ徐々に顧客を奪われる」(8.1%)、「顧問税理士からの示唆」(7.6%)、「エース・キーマンの退職」(7.0%)、「原材料の高騰や供給不足」(7.0%)、「銀行からの借入審査が通らない」(4.9%)、「大口仕入先の倒産」(4.7%)と続いた。

 倒産を予兆した際の対策は「新しい事業への転換」(24.6%)がもっとも多く、「営業活動・マーケティング広告の拡大」(16.3%)、「追加の資金調達」(16.2%)、「従業員のリストラ」(15.8%)、「一般経費の削減・見直しによるコスト削減」(14.2%)、「不採算事業の縮小・撤退」(13.7%)、「既存事業の新市場への参入」(13.6%)と続いた。

 倒産前(1年以内)に誰に相談していたかたずねた。「顧問税理士・会計士」(40.0%)がもっとも多く、「家族」(24.9%)、「経営者仲間」(21.1%)、「金融機関」(18.8%)、「社内従業員」(16.5%)、「取引先」(12.4%)、「誰(どこ)にも相談しなかった」(10.6%)、「顧問弁護士」(9.4%)、「経営顧問・経営コンサルタント」(8.1%)、「商工会や商工会議所」(4.3%)、「株主・出資者」(4.2%)と続いた。

 倒産前(1年以内)に行った資金調達手段は「金融機関からの融資」(42.0%)がもっとも多く、「補助金や助成金」(21.4%)、「会社資産の売却」(20.1%)、「親族・知人からの借入」(14.0%)、「法人ビジネスローン」(13.8%)、「増資」(12.4%)、「売掛債権のファクタリング」(8.7%)、「クラウドファンディング」(5.1%)と続いた。

 経営者個人だけで倒産を防ぐための具体的な対策を立てることは難しいと思うかたずねたところ、「とても難しいと思う」が50.5%、「やや難しいと思う」が37.6%、「あまり難しくはないと思う」が8.4%、「容易だと思う」が3.5%という結果になった。

 やっておけば良かった、あるいは倒産を防ぐことができたと思うことは「不測の事態を考慮した内部留保(資金留保)」(38.5%)がもっとも多く、「行き当たりばったり経営でなく計画的な事業の推進」(30.0%)、「経営戦略面での決断(新しい事業への転換、新市場への参入、不採算事業の撤退など)」(25.0%)、「顧問税理士・会計士に早めの事前相談」(12.2%)、「事業の一部売却による資金化」(12.0%)と続いた。

「不測の事態を考慮した内部留保(資金留保)」を選んだ回答者に、具体的な理由をたずねた。フリーコメントによる回答は次のとおり。

  • 内部留保がなければ不測の出費に対応できないため(30代/男性/愛知県)
  • 不祥事が起こるのは内部なので立て直す資金は別口で必要(30代/女性/神奈川県)
  • キャッシュがないとコストカットするための施策もできない(50代/男性/神奈川県)
  • 内部留保を厚めにすることで経営的にも余裕ができるため(50代/男性/福岡県)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/3683 2022/07/09 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング