SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

イベントレポート

「2年の変化が2ヵ月で起きた」時代の生存戦略 プルデンシャル生命とアンドパッドの営業DX事例


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 Future of Work実行委員会(ビジョナル・インキュベーション内)が、2020年12月2日~3日の2日間に渡ってオンラインイベント「Inside Sales Conference 2020」を開催した。本稿では、日本マイクロソフト Microsoft 365ビジネス本部 製品マーケティング部 プロダクトマーケティングマネージャーの山本築氏がモデレーターを務め、アンドパッド 営業部 部長の山口義之氏とプルデンシャル生命保険 第七営業本部長の石毛武志氏が登壇したセッションの前半の様子をお届けする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

非IT業界の営業現場が直面した変化とは? 

山本(日本マイクロソフト) 本日モデレーターを務めます、日本マイクロソフトの山本と申します。本日は宜しくお願いします。

山口(アンドパッド) アンドパッドの山口と申します。当社は、建設業の施工管理現場向けに「アンドパッド」というスマートフォーンで使えるアプリケーションを提供しています。我々はIT企業ですが、お客様として住宅メーカーさんや工務店さんなど非IT企業の方と向き合うことが多いです。

石毛(プルデンシャル生命保険) プルデンシャル生命保険より参りました、石毛と申します。僕は不動産業界の営業出身で、こういったIT業界とはまったく異なるところから来ているのですが……チーフマーケティングオフィサー、といういわゆる「営業本部長」の肩書きで参加させていただいております。

山本 本題はパネルディスカッションではありますが、まずは私のほうから、DXを取り巻く昨今の現状を簡単に説明します。

日本マイクロソフト株式会社 Microsoft 365ビジネス本部 製品マーケティング部 プロダクトマーケティングマネージャー 山本築さん

 このイベントも含めて、コロナ禍のビジネスシーンにおいてはさまざまなオンライン化が進んでいます。マイクロソフトのCEOであるサティア・ナデラの「この2ヵ月間で2年のデジタル変革が起きた」という言葉が端的に表しているように、この半年から1年にかけて、みなさんの周囲状況は一変したのではないかと思います。

 マイクロソフトがこういったことを言うと、視聴者の方々は「マイクロソフトだからできたのではないか」「IT業界だからできたのではないか」とおっしゃるかもしれませんが……。本日はIT業界ではない、建設業界と保険業界のリアルな現場において、どういったデジタル変革が行われているのかをお話しいただきます。

 現在、マイクロソフトでもインサイドセールス部隊に大きく投資しています。「近い将来、対面での営業は営業担当にとって不利になるだろう」という言説は本当なのか。マイクロソフトのデジタルセールスのお話は本日割愛させていただきますが、実際に業界問わず、どういった取り組みが行われているのか、が本日のテーマです。「営業のDX」において、各業界はいったいどのように変化してきたのかをテーマに、本音ベースでディスカッションできればと思います。

 ではまず最初の質問です。二社では、オンライン商談は実施されていますか?

山口 「2年の変化が2ヵ月で起きた」というお話がありましたが、まさしく我々も直面しました。これまでは、商談時や、ツールを使い始めてもらう際のオンボーディングにおいて、お客様の価値観に合わせて全国津々浦々に訪問する営業活動を実施していました。そんななか、4月以降は劇的にオンライン化が進みましたよね。我々が先んじてフルリモートになった時期は、お客様と目線を合わせることに難しさを感じる場面もありましたが、緊急事態宣言以降、オンライン商談は軒並み当たり前なものになり、それらが現在も続いています。これまで、なかなか自力だけでは変わることができなかった部分が、一気にガラッと転換したタイミングだったように感じています。

山本 オンライン商談はほぼ100%で実施されているのですね。このあとのディスカッションで工夫や苦悩を深く掘り下げていきたいです。石毛さんはいかがでしょうか。

石毛 3月2日、お客様を感染症のリスクにさらしてはいけないということで、会社として対面営業をストップしました。会社の文化として、お客様から契約をいただかないことは許容されても、お客様をお守りできないことはあってはなりません。そういった背景から商談のオンライン化をスタートさせました。当社がオンライン商談に踏み切ったことは業界内で非常に衝撃的なニュースだったかと思います。

次のページ
「オンラインで」ではなく「お電話で」 オンライン化を阻む社内外の障壁

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 獅々堀智世(セールスジンヘンシュウブ シシボリトモヨ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2125 2021/01/19 11:19

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング