SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

入社3年め以下社員の退職理由は「労働環境・条件がよくない」が最多/リクルートMS調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 リクルートマネジメントソリューションズは、入社1~3年め(大学・大学院卒のみ)の正社員・正職員として勤務する435名、直近3年以内に新入社員(正社員)の育成担当者および上司915名を対象に「新人・若手の早期離職に関する実態調査」を実施。「仕事の価値観」や「入社後の壁と助けになる関わり」などに関する調査結果と、調査結果から見える実態について公表した。

過去3年以内に自己都合で退職をしたことがある割合は17.5%

【図表1 退職経験】
Q.過去3年以内に、自己都合での退職をしたことがありますか?

 過去3年以内に自己都合で退職をしたことがある割合は17.5%、ない割合は82.5%だった。

退職理由は「労働環境・条件がよくない」が最多

【図表2 退職理由】
Q.退職理由で、影響の大きかったものを最大2つまでお選びください。
※図表1「退職経験」で過去3年に自己都合退職したことが「ある」と回答した人を対象に質問

 図表1で「ある」と回答した人に退職理由をたずねたところ、「労働環境・条件がよくない(労働時間、休日のとりやすさなど)」(25.0%)、「給与水準に満足できない」(18.4%)、「職場の人間関係がよくない、合わない」(14.5%)が上位だった。

会社を辞めたいと「思ったことがある」が「思ったことがない」を上回った

【図表3 離職を想起した経験】
Q.これまで、会社を辞めたいと思ったことがありますか?
※図表1「退職経験」で過去3年に自己都合退職したことが「ない」と回答した人を対象に質問

 離職を想起した経験についてたずねたところ、会社を辞めたいと「思ったことがある」(58.8%)が「思ったことがない」(41.2%)を上回った。

会社を辞めたいと思った理由は「仕事にやりがい・意義を感じない」が最多

【図表4 辞めたいと思った理由】
Q.辞めたいと思った理由で、影響の大きかったものを最大2つまでお選びください。
※図表1「退職経験」で過去3年に自己都合退職したことが「ない」と回答した人を対象に質問

 会社を辞めたいと思った理由についてたずねたところ、「仕事にやりがい・意義を感じない」(27.0%)、「給与水準が満足できない」(19.0%)、「自分のやりたい仕事ができない」(12.8%)が上位だった。

 図表2の退職理由を見てみると、労働時間や休日の取りやすさなどを示す「労働環境・条件が悪い」という理由が上位であり、図表4の離職を想起した理由は「仕事にやりがい・意義を感じない」という理由が上位だった。これらは、個人の仕事観として、自己実現や自己の幸福追求がより叶いやすい組織を選ぶ傾向があることが背景にあると考えられる。

会社を辞めずに働き続けている理由は「転職も検討しているが、リスクもあると感じる」が最多

【図表5 辞めずに働き続けている理由】
Q.辞めずに働き続けている理由で、影響の大きいものを最大2つまでお選びください。
※図表1「退職経験」で過去3年に自己都合退職したことが「ない」と回答した人を対象に質問

 会社を辞めずに働き続けている理由をたずねたところ、「転職も検討しているが、リスクもあると感じる」(21.3%)、「会社がつぶれる心配がない」(18.0%)、「転職も検討しているが、条件に合うものが見つかっていない」(14.2%)が上位だった。

 中位で「職場の人間関係がよい、合っている」(13.3%)、「一緒に働きたいと思う人がいる」(10.4%)という職場の人間関係の選択肢も選ばれている。

 現職に留まりながらも、現職に残る大きな理由が無かったり、在籍しながら離職を検討していたりするケースも存在すると考えられる。転職自体が当たり前の時代となり、かつオンライン面談などの手法も可能になった昨今、転職することへの心理的ハードルのみではなく、転職活動自体の物理的ハードルも下がってきていると言える。離職を踏み留まる理由として、給与や福利厚生などの制度以外の理由では、人間関係の選択率も高い。組織の人間関係を向上させることも、離職を踏み留まらせる理由になる可能性がある。

上司・育成担当者と比べると、新人・若手のほうがプライベートを重視する傾向に

【図表6 仕事とプライベートの理想的バランス】
Q.仕事とライフ・プライベートの理想的なバランス(ワーク・ライフバランス)について、最も近いものを1つお選びください。

 仕事とプライベートの理想の割合をたずねたところ、「仕事0:プライベート10」を選択した割合は新人・若手が5.7%、上司・育成担当者が2.7%、「仕事3:プライベート7」を選択した割合は新人・若手が28.5%、上司・育成担当者が20.2%で、新人・若手のほうが相対的に見るとプライベートを重視する傾向がある。

 新人・若手が、ワークライフバランスを大切にしていたとしても、それがイコール仕事にやる気がないというわけではない。いかに、プライベートも大切にしつつ、仕事も前向きに取り組めるかという観点でのフォローが重要となる。

労力をかけて得たいものは「プライベートの時間が確保できる、さらに充実させる」が最多

【図表7 労力をかけて得たいもの】
Q.仕事で、このためなら労力をかけてもよいと思うものは何ですか。あてはまるものを最大2つまでお選びください。

 労力をかけて得たいものをたずねたところ、「プライベートの時間が確保できる、さらに充実させる」(24.4%)、「高い収入を得る」(23.0%)、「自分のやりたいことができる」(16.8%)が上位だった。

 全体傾向として、新人・若手は上司・育成担当者より、ややプライベート重視であると考えられる。

 また、離職を想起する理由の問いでは、「やりがい・意義」の選択率がもっとも高かったが、仕事の中で労力をかけて得たいものの問いでは、「やりがい・意義」の選択率よりも「プライベートへの充実」の選択率のほうが高い結果となった。この結果は、若手世代が、職場以外にもコミュニティの選択肢を多数持っているため(副業やSNSのつながりなど)、職場に対して求めること自体が相対的に下がっていることが背景にあると考えている。仕事以外でも居場所は存在し、そこで楽しみや成長実感を味わえている可能性が高い。

入社後1年めの壁は「仕事に正解がなく、どうすればよいか分からないことが多かった」が最多

【図表8 入社後1年目の壁】
Q.(新入社員の)入社1年めでは、どのような悩みや壁がありましたか。あてはまるものを最大3つまで選んでください。

 入社後1年めの壁についてたずねたところ、「仕事に正解がなく、どうすればよいか分からないことが多かった」(27.1%)、「与えられた仕事の意味ややりがいが感じられず、やる気が出なかった」(21.1%)、「仕事が忙しく、プライベートに割ける時間が少なかった」(19.3%)が上位だった。

 入社後1年めの壁として、仕事の難しさの選択肢を選ぶ人が多かった。これは、新人・若手が、社会人になるまでに、仕事で必要なスキルを積みにくくなっていることが背景にあると予想できる。さらに近年、VUCA的仕事環境と言われるように、仕事自体の難度も上がっている。両者のギャップが拡大したことにより、仕事をこなせるようになる難しさはかつてより上がっていると言える。

悩みを話しやすい上司・先輩像は「仕事ができて的確なアドバイスがもらえそうな人」が最多

【図表9 悩みを話しやすい上司・先輩像】
Q.上司や周囲の人について、どんな人だと、自分のダメなところや悩みなど何でも話しやすいですか。あてはまるものを最大2つまでお選びください。

 悩みを話しやすい上司・先輩像についてたずねたところ、「仕事ができて的確なアドバイスがもらえそうな人」(30.3%)、「普段から自分の人間性や価値観を認めてくれていると感じる人」(25.5%)、「押し付けがましくなく、自分の話や気持ちを受け止めてくれると感じる人」(24.8%)が上位だった。

 悩みを話しやすい上司・先輩像の上位選択肢を見ていくと、新人・若手は上司・先輩に対して、「的確なアドバイスがもらえそう」という仕事側面での頼りがいのみではなく「人間性を認めてくれる」など人の側面の信頼感も求めている傾向があった。

耳が痛いことを受け止められる上司・先輩像は「なぜそれが大事なのかが分かるように伝えてくれる人」が最多

【図表10 耳が痛いことを受け止められる上司・先輩像(参考)】
Q.上司や周囲の人について、どんな人だと、自分にとって耳が痛い指摘やフィードバックでも受け止めようと思えますか。あてはまるものを最大2つまでお選びください。

 耳が痛いことを受け止められる上司・先輩像についてたずねたところ、「なぜそれが大事なのかが分かるように伝えてくれる人」(40.9%)、「言うことを本人が実践しており、説得力がある人」(33.6%)、「普段から自分のことをよく見てわかってくれている人」(33.2%)が上位だった。

調査概要

  • 調査目的:新人・若手における主な離職要因や現職に留まる理由、また新人・若手に対してどのような関わりが効果的かを明らかにする。
  • 調査内容:退職経験とその理由、現職に留まる理由、仕事の価値観、転職の捉え方、入社後の壁と助けになる関わり など
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査時期:2023年3月

【調査対象】

  • 調査対象1:新人・若手

―社会人1~3年目(大学・大学院卒のみ)/一般企業・公務員・教職員・非営利団体の正社員・正職員として勤務する者)

―有効回答数:435名

―回答者の属性:

年齢:平均25.1歳
部門:営業系26%、企画・事務系29%、研究開発系33%、その他12%
業種:製造業43%、非製造業57%
企業規模:従業員1,000名未満51%、1,000名以上49%

  • 調査対象2:新入社員の育成担当者・上司

―直近3年以内に新入社員(正社員)の育成担当者および上司になったことがある人/一般企業・公務員・教職員・非営利団体の正社員・正職員として勤務する者

―有効回答数:915名

―回答者の属性:

年齢:平均46.5歳
部門:営業系30%、企画・事務系30%、研究開発系28%、その他11%
業種:製造業50%、非製造業50%
企業規模:従業員1,000名未満50%、1,000名以上50%

※図表・グラフの数値は、小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合がある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5308 2023/11/09 05:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング