SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

Nota、Helpfeelへ社名変更 総額6億円の資金調達・新CTO就任により組織体制を強化

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 Notaは、Helpfeelへ社名を変更し、CI/VIをリニューアルしたことを発表した。同時に、シリーズCラウンドにおいてOne Capitalをリードとする投資家から総額6億円の資金調達を実施。新CTO就任により開発体制を強化し、検索型FAQシステム「Helpfeel」を中心とした事業の発展を目指す。

CI/VI刷新の背景

 Notaでは、検索型FAQシステム「Helpfeel」、メディアキャプチャー「Gyazo」、アイディエーションツール「Scrapbox」の開発・運用を行ってきた。今後はこれらの3つのプロダクトを「ナレッジテクノロジー」のプラットフォームとして連携することにより、あらゆるユーザーが、ナレッジを容易に手に入れられるようになる「All-in-One Enterprise Search」という概念のもと、事業を拡張していく方針。これに伴い、3つのプロダクトのうち中核製品となる「Helpfeel」を新社名とし、企業・サービスロゴとビジョンも刷新した。

資金調達について

 One Capital、Salesforce Ventures、みやこキャピタルを引受先として、シリーズCラウンドで総額6億円の資金調達を実施。累計調達額は約13億円となる。

資金調達の使途

  1. 「Helpfeel」をはじめとするプロダクトの開発推進

     エンタープライズサーチ分野における「Helpfeel」の機能拡張、各プロダクトの機能刷新等のためにプロダクト開発に注力する。

  2. 各プロダクトのセールス・マーケティング活動の拡充

     オンラインの顧客体験改善、カスタマーサクセス・カスタマーサポートの強化等、業務のDX化が急務となる分野を中心に、各プロダクトの導入を進めるべく、セールス・マーケティング体制を強化する。

  3. 採用の強化

     調達した資金をもとに、意欲的に新サービスを開発し市場を開拓する。自律性を持って組織の成長に貢献できる人材(エンジニア、セールス、マーケティング、カスタマーサクセス、ウェブディレクター、デザイナー等)を募集する。

CTO交代による新体制について

「Helpfeel」をはじめとするプロダクトの開発推進およびエンジニアを中心とする採用力の強化のため、経産省IPA未踏ソフトウェア創造事業に採択された秋山博紀氏が新CTOに就任した。

Helpfeel CTO 秋山博紀氏のコメント

 Notaでは2016年よりVP of Engineeringとして開発組織の陣容拡大と「Gyazo」のProduct-Led Growthによる収益化を実現しました。また、高付加価値なサービスをより多くの顧客に提供することを目指し、「Scrapbox」と「Helpfeel」の組織的な開発と発展に尽力しました。Helpfeelではテクニカルフェローに就任した増井とともに、独創的な発明を武器に顧客課題を強力に解決する開発組織をさらに拡大強化し、事業成長へ寄与することを目指します。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/3937 2022/09/05 16:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング