SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

テレワーク時のセキュリティ「一切意識せず」6割超 情報漏洩リスク浮き彫りに/WACARU NET調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 WACARU NETは、ランダムに選出した10代〜60代の男女760名に対し、テレワーク時のセキュリティ意識、ネット環境に関する調査を行った。

テレワークの実施状況

 現在のテレワーク実施状況を調査したところ、次の結果となった。

 テレワークを実施している人の割合は、39.5%と4割程度。過去に実施していたことがある人を含めると、テレワーク経験者は61.9%となる。

 一方で、テレワークを実施したことがない人は38.2%と、こちらも4割程度いることがわかる。

テレワークの実施状況(職業別)

 現在のテレワークの実施状況を職業別に集計したところ、次のとおりとなった。

 テレワークの実施割合がもっとも高いのは自営業、フリーランスで54%と半数以上が現在テレワーク化している。会社員も43.8%と高いテレワーク実施率となっている。

 一方で、もっともテレワークの実施率が低いのは医療関係者の8.7%だった。

テレワーク時にセキュリティを意識していない人の割合

 テレワーク時のセキュリティ意識に関して調査を実施したところ、次の結果となった。

 テレワークのセキュリティについて「気を付けている」と答えた人は38.3%で4割以下。6割以上の人がテレワーク時にセキュリティに関して一切意識しておらず、企業または個人の情報漏洩リスクが潜在していることが浮き彫りになった。

テレワーク時に具体的に実施しているセキュリティ対策

 テレワーク時に具体的に行なっているセキュリティ対策例として、次のような回答があった。

  • セキュリティソフト、ウイルス対策ソフトの導入
  • カフェ、公共無線LANなどのフリーWiFiは使わない
  • パソコンにワイヤーロックをかける
  • オンライン会議では家族に内容を聞かれないようにヘッドセットを使用

テレワーク時の使用回線

 テレワーク時の使用回線について調査を実施したところ、以下の結果に。

 7割以上が、テレワーク時は光回線を利用。ポケットWiFi(WiMAX含む)は13%、2024年3月までに廃止が決定しているADSLも4.4%程度テレワークに利用されている。スマートフォン回線で済ませている人も5.7%存在している。

テレワーク時の回線速度の不満状況

 テレワーク時の回線速度の不満状況について調査を実施したところ、以下の結果となった。

 光回線に不満を感じている人は19.6%ともっとも少なく、比較的安定していることがわかる。

一方で、ポケットWiFi、WiMAXともに通信速度に不満を感じている人が61.3%おり、不安定さが読み取れる。

ネット環境の悪さが仕事に支障をきたしたことがある割合

 ネット環境の悪さが仕事に支障をきたしたことがある割合を調査したところ、次の結果となった。

 ネット環境の悪さが仕事に支障きたしたことがある人の割合は、38%と4割近いことがわかった。不安定なネット環境でテレワークすると、仕事の出来にも悪影響が出る可能性は高いと言える。

ネット環境の悪さが仕事に支障をきたしたことがある割合(回線別)

 ネット環境の悪さが仕事に支障をきたしたことがある割合を回線別に集計したところ、次の結果に。

 「ネット環境の悪さが仕事に支障きたしたことがある人」の割合がもっとも少なかったのは光回線で31.2%。

 一方で、WiMAXが67.7%、ポケットWiFiが65.5%と高いことがわかる。

調査概要

  • 調査主体:WACARU NET
  • 調査方法:クラウドソーシングサイト上のアンケート
  • 調査対象:クラウドソーシングサービスに在籍する10代〜60代男女760名に対して実施
  • 実施期間:2021年8月23日~2021年8月26日
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2798 2021/09/01 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング