SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

テレワーク時代の仕事と育児 約3人に1人が「仕事と育児の両立ができていない」と回答/テレリモ総研調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 LASSIC(ラシック)が運営する「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」は、テレワークにおける『仕事と育児の両立』に関するアンケート調査を全国20歳〜65歳の男女を対象に実施した。

テレワークにおける「仕事と育児の両立」​に関するアンケートについて

 まず、テレワークをしている、もしくはしたことがある人を対象に「仕事と育児の両立が出来ているか」を尋ねた。

「どちらかというと、仕事と育児の両立はできている」と回答した人が最多で、男女ともに4割を超える結果に。次に多かった回答は男女で異なり、男性は「どちらかというと、両立はできていない」で25.33%、女性は「両立は出来ている」で32.02%であった。

 内閣府男女共同参画局が令和元年に実施した調査(内閣府 男女共同参画局 男女共同参画白書 令和2年版「家事と仕事のバランスに関する調査」)によると、1日当たりの育児時間は、女性が男性の2倍以上という結果が出ていることから、子供の送り迎えに通勤時間を考慮する必要がなくなるなど、女性のほうがテレワークによるメリットを実感する割合が多いことが推測できる。

 次に、育児時間の変化について調査した。

 こちらも「1日の育児時間は変わらない」が全体の4割を超え、最多に。

 一方で注目したいのが、「育児時間が増えた」と回答した人の割合。女性の約4割、男性の約3割がテレワークによって育児時間が増えたと感じていることがわかった。

 通勤をはじめとした移動がなくなり、浮いた時間を有効活用できるようになったことで家族との時間にも充てられていると推測される。テレワークがワークライフバランスの実現を促す働き方であることがうかがえる。

 育児時間を増やせる効果が期待できる一方で、「両立ができていない」と感じている人も。その理由についてもアンケートを実施した。

 もっとも多かったのが「周囲のノイズ、騒音が気になる」という回答。特に未就学児の子育て世帯にとっては、自宅で子供の面倒を見ながらテレワークするのは容易なことではない。「テレビ会議中、子供の声が聞こえてくる」「子供が家中を走り回っていて集中できない」などの経験をした人も多く、社内会議でこそ「微笑ましい」と受け取られる可能性はあるが、社外との商談などではそうはいかないという。

 また、オフィスのようにビジネス利用を想定していない自宅のインターネット回線では、テレビ会議中に同じ回線で子供が動画を見ていてネットワークが不安定になってしまう、というような事象も発生していた。

 自宅保育の場合、子供の年齢や自宅環境などによって左右される面もあるため、「テレワーク=育児と両立できる」という結論で一括りにするのは難しいといえる。

調査概要
  • 調査期間:2020年9月1日~2020年9月4日
  • 調査対象:全国20歳〜65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女1,077名
  • 調査方法:インターネット調査
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2732 2021/08/03 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング