SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

経費精算システム導入率は46.9%、半数以上が紙で精算 進まぬ日本のDX/MS-Japan調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 MS-Japanは、同社が運営するビジネスメディアの会員を対象とした、経費精算の状況や導入システムのシェア、経費精算システムの導入検討状況に関する調査結果を発表した。

約半数がアナログな経費精算

 現在の経費精算の方法に関する回答を募集したところ、次のような結果となった。

 

 「手書きの申請書」が24.6%、「エクセルで作成して印刷」が28.5%、とおよそ半数が紙を利用した経費精算を行っていると回答。一方、オンライン上で経費精算を行っている旨の回答では、「自社のシステムを利用」が18.9%、「経費精算システムを導入」が28.0%と、外部の経費精算システムを採用している割合は全体の3割弱という結果に。

経費精算システムの導入「検討していない」は約75%

 

 経費精算方法に関する設問で「手書きの申請書」または「エクセルで作成して印刷」と答えた492名に対して、経費精算システムの導入を検討しているかを問う設問では「検討している」が23.2%であったのに対して、「検討していない」が76.8%と、全体の過半数を占めた。検討していない理由としては、現行のやりかたで満足している、事務処理への効率化に予算をかけられないなど、さまざまな理由が想定される。

導入率が高かった経費精算システムは「楽楽精算」

 

 一方、現行の経費精算方法を「経費精算システム」と回答した259名に、現在導入しているシステムを調査すると、ラクスが提供する「楽楽精算」がもっとも回答数が多い結果となった。次点にコンカーの「Concur Expense」、マネーフォワードの「マネーフォワードクラウド経費」と続いた。

現状の経費精算システムに満足している人は約4割

 

 経費精算システムを利用しているユーザーに、システムに関する満足度を調査すると、「非常に満足している」が12.5%、「多少満足している」が27.3%と、全体の4割近くが満足と回答する一方で、「少々不満がある」が19.5%、「非常に不満がある」が2.7%と、約2割が不満を抱えているという結果に。

 満足しているユーザーの自由回答を参照すると、「便利で使いやすい」「申請が簡単」「導入してからかかる時間が削減された」などが挙げられた。逆に不満を抱えているユーザーの自由回答を見ると、「インターフェイスが使いにくい」「フリーズしやすい」など、システムのユーザビリティに関する意見が多く見られたほか、入力する上では不便さを感じていないものの、連携機能が乏しく「ほかのシステムとの連携ができない」と不満を抱えるユーザーも一定数見られた。

調査概要

  • 調査期間:2020年8月18月~9月14日
  • 調査手法:マネジー内でのアンケート
  • 調査対象:マネジー会員926名

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/1874 2020/09/23 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング