SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

あたらしい営業のキャリア

年間3億円の新規受注も! 効率化と顧客貢献を両立させるソーシャルセリングの魅力とは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 オンラインセールスが一般的となり顧客と継続的につながるための手法も増えてきた昨今。「顧客貢献と営業活動の効率化を同時に実現できる『ソーシャルセリング』をBtoB営業に広めていきたい」と語るのが、ウィルゲート・吉岡諒さんだ。「日本最大級の営業の大会」S1グランプリ、第5回の優勝者でもある吉岡さんに、ソーシャルセリングの魅力と年間新規売上3億円を実現するソーシャルセリングの具体的な手法についてうかがった。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

すれ違った3年後に受注!? ソーシャルセリングの魅力

──本日は「ソーシャルセリング」についてうかがっていきます。まずは吉岡さんのキャリアについて教えてください。

ウィルゲートの共同創業者CCOの吉岡と申します。代表の小島は、小学校1年生のころからの幼馴染かつ親友で、高校を卒業した3日後にお年玉貯金でパソコンを2台購入し、ふたりで起業をしました。そこから17年の月日が経ち、現在は35歳です。小島は会社全体の戦略や財務などを担い、事業全般や新規事業の立ち上げ、営業など外交の部分は私が担う役割分担です。

17年間でいただいた名刺は1万7,000枚、最近はオンラインで1日10~15件、月に300件ほどアポイントを実施しています。Facebookの友達は1万人程度、Twitterのフォロワーは2.5万人ほど。このつながりを活かして、本日お話しする「ソーシャルセリング」を行い、年間3億円の新規受注を実現しています。ソーシャルセリングは、コロナ禍の新しい営業方法として非常に有効で、当社がお客様にコンサルティングを行うビジネスもスタートしています。また別の新規事業としてIT・ウェブ業界に特化したM&A事業を立ち上げております。

──ありがとうございます。早速ですが、つながりを活かしたソーシャルセリングに本格的に取り組み始めたきっかけをうかがえますか。

2019年1月3日の忘れられない出来事をお話しします。当社では月間ユニークユーザーが1,000万人の「暮らしニスタ」というメディアを運営しており、このメディアへのSEO流入を200万ほど増やしたSEOノウハウをまとめ、90枚の資料を使った100分のセミナー動画をつくってみたんです。「5,000円で売ります。興味ある方がいたら」とFacebookに投稿したところ、279名から「欲しいです」と連絡が来ました。このような投稿を複数回実施したところ、最終的に630名の方が購入してくださったのです。

嬉しかったのは動画を見た方の約8%にあたる50名の方が、「ウィルゲートにSEOについて相談したい」と問い合わせをくださったことです。動画を提供してから4ヵ月間の間に、この動画購入を起点にしたSEO事業の新規受注粗利は5,000万円程度となりました。動画をつくるのにかかったのは、私の拘束時間以外には編集コストの15万円のみです。

当時はコロナ禍以前でオンラインアポができなかったので、私の月々のアポイントは50件ほどで、年間では600件ほどが限界でした。動画を買ってくれた630名の方は、私がSEOについて解説する100分間の動画を見てくださったわけですから、年始に1年分の営業活動を動画に置き換えることができたとも言えます。SNSには無限の可能性があるな、とソーシャルセリングにのめり込んでいきました。

──ソーシャルセリングの魅力についてうかがえますか。

良い点はふたつありまして、ひとつめが出会いを資産にできることです。マッチ売りの少女のように「買いませんか?」とお客様を探す必要がなくなり、お客様から相談を持ち掛けてもらえるようになります。営業は専門職です。お客様を探すところだけに多大な工数を割くのも良くありませんし、いかに「プル型」営業に転換できるかが重要です。私のソーシャルセリングのキャッチコピーは、「すれ違ったら3年後に受注」。SNSでつながれば、それくらいの関係値の方とも関係を維持することができます。

ふたつめは、つながりをもとにお客様や知り合いに貢献できるという点です。お客様から困っていることを相談されたとき、自分の提案できるソリューションが限られたものだとしても、1万人いる自分の知り合いからすごい人を紹介できます。

次のページ
累計4億円売上 「あけましておめでとうメール」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
あたらしい営業のキャリア連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3420 2022/05/13 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング