SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

できる営業が自身に不足していると感じるスキル、第1位は「IT・デジタルリテラシー」 /グロービス調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 グロービスが提供する定額制動画学習サービス「GLOBIS 学び放題」は、年収850万円以上の営業職332人を対象に、ビジネススキルに対する意識や行動に関する調査を実施した。

<調査概要>

  • 調査期間:2024年3月7日~3月8日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:営業職の20~50代男女(年収850万円以上)
  • 調査人数:332名
  • モニター提供元:日本ビジネスリサーチ

営業職においてもっとも重要なスキルは「コミュニケーション」

 営業において重要だと考えるスキル・知識をたずねたところ、「コミュニケーション」という回答が71.4%ともっとも多かった。次いで「論理思考」が47.9%、「マーケティング」が42.8%、「データ分析」が37.7%、「組織マネジメント・リーダーシップ」が34.9%、「経営戦略」が30.4%という回答になった。

ビジネススキル向上の目標、半数近くが「顧客・所属組織への貢献」

 自身のビジネススキル向上のために、どのような目標設定をしているのか質問したところ、1位が「顧客への貢献」(48.2%)という結果になり、3位に「チームや組織への貢献」(41.3%)がランクインした。

自分に不足していると思うスキル1位は「ITスキル・デジタルリテラシー」

 今回調査対象とした営業職に、自身に不足していると考えるスキル・知識をたずねたところ、「ITスキル・デジタルリテラシー」が29.8%でもっとも回答を集めた。また、「データ分析」が25.3%、「経営戦略」が23.8%、「マーケティング」が22.6%という回答になった。

 さらに、自身に不足しているスキルや知識の向上のために、行動を起こしているかについても聞いてみたところ、「いいえ」と回答したのが56.3%という結果になった。

場所や時間を選ばない学習方法が上位に

 前問でスキルや知識向上のために行動を起こしていると回答した145人に対し、どのような行動をとっているかたずねた。「書籍、動画、音声コンテンツなどでの学習」が44.1%でもっとも多くなり、次いで「各種メディアのニュース、記事などからの情報収集」が37.9%となった。

 スキルや知識向上のために行動を起こしていると回答した人に対して、スキルや知識向上のための障壁となる問題をたずねたところ、「時間を確保できない」が44.1%でもっとも多くなり、「どういう手段が良いかわからない」22.8%という、学習手段に関する回答が続いた。また、「会社(上司含む)が、スキル・知識の向上を評価をしてくれない」が20%、「会社(上司含む)からのサポートが不十分である」が19.3%という回答になった。

スキルアップのための行動が起こせない理由

 スキルや知識の向上のために行動を起こせないと回答した187人に対し、行動に移せない理由を具体的にたずねた。その結果、すでにスキルや知識を習得するための行動をしている人の多くが障壁として挙げた項目と同じく、「時間を確保できない」が40.6%ともっとも多くなった。次いで「どういう手段が良いかわからない」が24.1%、「何を行うのが良いかわからない」が23.5%という学習手段・学習領域に関する問題も上位に挙がった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5735 2024/04/03 05:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング