SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

デジタル化のメリット1位「データの保管・管理が楽」 一方でコミュニケーションに悩む声/エン・ジャパン

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 エン・ジャパンは、運営する派遣情報サイト『エン派遣』上で「職場のデジタル化」についてアンケート調査を実施。3,577名から回答を得、その結果を発表した。

調査概要

  • 調査方法:インターネットによるアンケート
  • 調査対象:『エン派遣』を利用しているユーザー
  • 有効回答数:3,577名
  • 調査期間: 2023年10月2日~11月1日

職場のデジタル化が進んでいると感じる人は56% 進んでいないと感じる瞬間は「取引先とのやり取りがFAX」「オンライン会議の資料が紙」など

【図1】あなたの職場ではデジタル化が進んでいると感じますか?

「あなたの職場ではデジタル化が進んでいると感じますか?」と質問したところ、56%が「感じる」(感じる:24%、どちらかと言えば感じる:32%)と回答した。

【図2】デジタル化が進んでいると「感じる」「どちらかと言えば感じる」と回答した方へ伺います。どのようなデジタル化が進んでいますか?(複数選択可)

 デジタル化が進んでいると「感じる」「どちらかと言えば感じる」と回答した人に、どのようなデジタル化が進んでいるかをたずねると、トップは「ペーパーレス化」(79%)となった。第2位には「クラウド上でのデータ管理・保存」(44%)、第3位には「会議のオンライン化」(43%)が続いた。

 また、デジタル化が進んでいると「感じない」「どちらかと言えば感じない」と回答した人に、最近アナログだと感じた仕事上のエピソードをたずねたところ、ペーパーレス化が進んでいないことに対する声が多く上がった。具体的な声は次のとおり。

Q.デジタル化が進んでいると「感じない」「どちらかと言えば感じない」と回答した方に伺います。最近「アナログだな」と感じた仕事上のエピソードがあれば教えてください。

  • 全て紙で印刷している。昔、雷が落ちてパソコンのデータが消えたらしく、デジタルは信用できないとのこと。(20代男性)
  • 営業事務をしているが、未だ取引先とのやりとりがFAXのみ。デスク上が紙だらけになるし、ミスの発生が多いためデジタル化してほしい。(20代女性)
  • シフト表を紙で掲示して「写真撮ってもいいですよ」と言われたとき。(30代女性)
  • 日々の営業活動の「営業日報」を紙に書いている。web上のシステムに入力して共有すればより良い顧客管理ができるのになと思う。(30代女性)
  • マニュアルをデータで渡せばいいのに、わざわざコピーしてラミネートしてファイリングして・・・と物凄く手間だった。(30代女性)
  • Zoom会議の資料が紙。(40代男性)

デジタル化のメリット、トップは「データの保管・管理が楽」 一方で「意思疎通が難しい」「慣れるまで時間が必要」など、コミュニケーションやリテラシーの差に悩むケースも

【図3】デジタル化のメリットだと感じることがあれば教えてください。(複数選択可)

 デジタル化のメリットをたずねると、トップ3は「データの保管・管理が楽」(57%)、「情報共有がしやすい」(53%)、「仕事のスピードが早い」(50%)となった。

 一方で、デジタル化が進む環境で働くからこその悩みや困りごとをたずねると、コミュニケーションや適応力への悩みの声が多く上がった。具体的な声は次のとおり。

Q.デジタル化が進む環境で働くからこその悩みや困りごとがあれば教えてください。

コミュニケーション上の悩み・困りごと

  • 週2回出社して同じ室内にいても、あまり対面で一緒に業務をしない同僚の顔と名前が一致しない。(30代男性)
  • 同じ会社でも、部署により在宅ができる部署とできない部署、デジタル化できる業務が多い部署とそうでない部署があり、部署間の連携は以前より難しくなったと感じる。(30代女性)
  • オンライン化においては、相手の表情や素直な感情が分かりづらい。表現下手には意思疎通が難しく感じるときがある。(40代女性)
  • デジタル化により作業効率が向上する一方、対面でしか伝わらないニュアンス、また対話の中で生まれるアイデアを得る機会が減ったように感じた。デジタルとアナログそれぞれの良さを活かしたコミュニケーションの取り方を意識している。(40代男性)

適応力・リテラシーに関する悩み・困りごと

  • 慣れるまで時間が必要。年齢が上の世代への指導、サポートが必須になるため余計に時間がかかることが多い。(20代女性)
  • 勉強を次々としなくては仕事についていけないため、以前よりストレスを感じる。(20代男性)
  • 管理が一極集中するため、デジタルに詳しい人とそうでない人が二極化して負担が偏る。デジタル化が本当の意味で浸透してくると解消するように思うが、その頃には人間が担う仕事が減っていると思う。(30代女性)
  • アップデートなどについていけない。しばらく操作していないアプリだと、やり方を思い出すのに時間がかかる。パスワード管理が大変。(40代女性)

その他の回答

  • アプリが導入され、退勤後にもメッセージを投稿することが可能になった。プライベートの時間にもメッセージが投稿されて気が休まらない。(30代女性)
  • アプリが使えなくなった時は、全体で仕事が凍結してしまう。(40代女性)
  • 機械が自動仕分けをしてくれるため、残業や働く時間が無くなり収入が減った。(40代女性)

約8割が仕事や仕事探しにおいて「リスキリングの必要性を感じる」と回答 リスキリングに興味がある人は73%

【図4】仕事探しや仕事に取り組む中で、リスキリングの必要性を感じることはありますか?

「現在の業務や仕事探しにおいて、リスキリングの必要性を感じることはありますか?」とたずねると、77%が「ある」(ある:37%、ときどきある:40%)と回答した。

【図5】リスキリングに興味はありますか?

 続けてリスキリングへの興味をたずねると、73%が「ある」(大いにある:31%、ある:42%)と回答した。

 リスキリングを通じてかなえたいこと、やってみたい仕事をたずねると、web・IT系、AIへの関心の高さがうかがえた。具体的な声は次のとおり。

Q.リスキリングへの興味が「大いにある」「ある」と回答した方に伺います。リスキリングに取り組むことで叶えたいこと、やってみたい仕事などがあれば教えてください。

  • 実際にweb関連のオンラインスクールに入り学習をしていたが、産休中で収入がなくなることに不安を感じ休会している。webデザイン、ライティング、マーケティングなどを学習して今後の仕事に活かしたい。(20代女性)
  • 英語を活かした仕事や、動画編集やHP作成などスキルを活かした仕事にも就きたい。(20代女性)
  • webデザインやSNS運用、動画編集など自宅でできる仕事が気になる。(30代女性)
  • プログラミングなどのIT系と実用的な技術を学ぶことで、将来AIなどに仕事を奪われないようにしたい。また、農家などの第一次産業の負担軽減となるような取り組みをしている企業で、より良いシステムを作り出して日本の食料自給率の向上と第一次産業の収益向上に貢献したい。(30代男性)
  • VBAを学んだときに言語をもっと学びたいと思った。現在はAIを駆使し簡単にできると言われているが、元がないとそのAIが正しいかの判断ができないため、より学びたいと思っている。(40代女性)
  • AIを育てていく過程に興味があり、関わってみたいと思っている。(40代女性)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5365 2023/11/27 06:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング