SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

「男性育休」理想の期間 「1ヵ月以上」の希望者が7割も、上司は「1週間未満」が最多/サイボウズ調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 サイボウズ チームワーク総研では、「男性育休」についての意識調査を実施した。

育休期間 上司の理想「1週間未満」20% 取得希望者5%

男性育児休業について「理想的」な取得期間を尋ねると、上司層では男性部下に「許容したい理想期間」として「1週間未満」が20.8%と最多で、「1ヵ月未満」を合算すると58%という結果に。一方、育休取得希望者層では「1週間未満」は5%、「1ヵ月未満」合算は30.4%であった。1ヵ月以上を理想とする声は約70%で、中でも「半年~1年未満」は30%を超えた。

 

 続いて「現実的」な取得期間を尋ねると、上司層の「職場として許容できる現実期間」としては「1週間未満」が20.5%、「1ヵ月未満」を合算すると61.1%となり、「理想的」な期間と同様の傾向に。育休取得希望者層では「1週間未満」が36.9%ともっとも多く、「1ヵ月未満」の合算で70%を超え、現実期間を上司層よりも短期でとらえていた。

 

育休期間、長くなるほど「本音では歓迎できない」

 男性部下の育児休業を「歓迎できるかどうか」を、「男性部下の育休取得希望期間」ごとに尋ねると、「1週間」を「歓迎できる」回答は80.9%であったが、長期になるほどスコアが下がり、「3ヵ月間」以降では「本音では歓迎できない」が過半数という結果に。

 

男性部下の育休への懸念「業務を維持できるかどうか」

 上司層に対し「男性部下の育児休業への懸念」を、取得希望期間ごとに尋ねると、「1週間」の回答者は「とくに懸念がない」が1位であったが、「1ヵ月」を超えると「代替要員の確保」「同僚の業務負担増」「業務タスクの引継ぎ・調整」が上位になり、実業務の維持・対応が懸念材料となっていた。また、「3ヵ月」「半年」では「代替要員の確保」が半数を超過する結果に。

 

 一方、育休取得希望者層の「育児休業への懸念」では、4期間とも「代替要員の確保」が1位となり、上位には上司層と同様「同僚の業務負担増」「業務タスクの引継ぎ・調整」が挙がる。「3ヵ月」「半年」では、「自身の収入」が約4割と上位を占めた。

 

育児中の男性社員の働き方 半数がフレックスやテレワークに肯定的

 育休取得希望者層を対象に「育児がはじまったら希望する働き方」を尋ねると、約半数が育児休業を取得して、働き方も変更したい旨を回答した。「育児休業は取得せず、働き方を変更したい」と回答した割合(23.5%)と合わせると、70.8%が「働き方の変更」を希望する結果に。

 

 具体的な働き方としては、上司層では「フレックスタイム制」が半数を超え、次いで「テレワーク」「残業なし」が挙がった。育休取得希望者層では「週休3日(有給活用)」をはじめ、「テレワーク」「フレックスタイム制」「短時間勤務」が半数を超える結果に。両層ともに「あてはまるものはない」は1割程度にとどまり、複数の方法が「あり」と見なされていた。

 
 

 また、「男性社員の育児参加のために、職場に必要なこと」を尋ねると、上司層では「余力のある人員配置」が1位、次いで「経営層の理解」「フォローする同僚への配慮・評価」が続いた。

 

調査概要

調査目的

  • 男性の育児休業取得や育児参加について、本人・職場ともに良い形を模索するうえで、有効な視点を探る

調査対象

  • 部下に男性正社員/公務員をもつ上司(課長職相当~経営者):2,000名
  • 将来、育児休業取得意向のある男性正社員/公務員:1,000名

調査期間

  • 2022年4月15日~20日

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/3490 2022/05/23 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング