SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

「コワーキングサービスカオスマップ」が公開 世界19ヵ国・計123のワークプレイス関連サービスが掲載

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ワークプレイスプラットフォーム「TeamPlace」を運営する、AnyWhereは、「世界のコワーキングサービス カオスマップ 2021年5月版」をリリースした。掲載数は世界19ヵ国、合計123サービス。

 

 カオスマップリリースにあたって、同社によって考察されたコワーキング市場概況は次の通り。

世界の市場傾向

 CoworkingResources「Global Coworking Growth Study 2020」によると、2020年に20,000拠点だったコワーキングスペースは2024年には40,000拠点に、200万人だった利用者は500万人になることが予想されている。

国内の市場傾向

 ザイマックス「フレキシブルオフィス市場調査2021」によると、2015年に119拠点だった東京23区のフレキシブルオフィスは、2020年には571件に、2021年には少なくとも631件となることが予想されている。また、北海道大学「コワーキングスペースの様態:国内施設に関する記述統計分析 (2015年)」では、コワーキングスペースの利用者のうち、フリーランスが46.9%を占めるとされており、ランサーズ「フリーランス実態調査 2021」によると、2018年と比較して日本のフリーランス人口は500万人以上増加し、1,670万人とのこと。コロナ禍での法人の急速なリモートワーク浸透も影響し、コワーキングスペース需要の増加が見込まれる。

国内外のコワーキングスペース事業者の主な動き

  • 2022年、JustCoが日本市場本格参入 (見込)
  • 2021年、KNOTELをNewmarkが買収
  • 2021年、CRBEがindustriousの株式を35%取得し筆頭株主に
  • 2019年、TKPが「日本リージャス」を買収
  • 2019年、WeWorkがSPACIOUSを買収
  • 2018年、CapitaLandがThe Work Project買収

サテライトオフィスは大手不動産やインフラ系を中心に提携強化中

  • 2021年、WeWorkとJR東日本が提携
  • 2020年、野村不動産「H¹T」が東京メトロ「roomEXPLACE」、株式会社MJE「billage」、東京電力「SoloTime」、東武電鉄「Solaie+Work」と提携
  • 2020年、ザイマックス「ZXY」とリーガロイヤルホテルが提携
  • 2017年、コスモスイニシア「MIDPOINT」とWOOK「BIZcomfort」が提携

異業種からの参入の動きが活発

  • JR東日本など、交通インフラ系が続々参入
  • ホテル、カラオケ、キャンプ場、お寺などといった既存の場を活用する動きや、ファッション業界(パルコやAOKI)からの参入がみられる

インキュベーション施設

  • 海外では、Amazon、Google、Barclaysなど、大手民間企業が参入
  • 国内では、Start Up Hub Tokyo 丸の内/TAMA、NEXs Tokyoなど、国や地方自治体のバックアップを受けた団体が主導することが多い
  • 東京都では、東京都インキュベーション認定施設としておよそ80施設を認定

プラットフォーム・ソフトウェア・ハードウェア

  • 企業のテレワーク時のコミュニケーション不足解消や、コワーキングスペースのコミュニティ運営のツールとして、オンラインコミュニティ(バーチャル空間)系のサービスへの需要が高まっている(Remo、Sococo、Oviceなど)
  • 感染症対策として、密度計や環境センサーなどのデバイス系のサービスが注目されてい
  • 運営支援サービス(コミュニティ管理・請求管理・検索予約などの包括サービス)は、海外プロダクトが充実している

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2552 2021/06/03 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング