SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

「産休・育休中のリスキリング」に取り組むことに前向きな女性が45%/女の転職type調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 キャリアデザインセンターが運営する、女性の転職に特化した転職サイト「女の転職type」は、女性617名を対象に「リスキリング」についてアンケートを実施した。

  • 調査内容:第67回「リスキリングしてる?」/データで知る「女性と仕事」
  • 調査期間:2023年4月13日~4月23日
  • 有効回答数:617名
  • 調査対象:「女の転職type」会員
  • 調査方法:ウェブ上でのアンケート

※調査データ(グラフ)は、小数点第2位以下は四捨五入しているため、合計しても100にならない場合がある。

リスキリングの「名称も、意味も、知っている」は24.3%

 女の転職type会員に、リスキリングとは何か知っているかどうかたずねたところ、「初めて聞いた」がもっとも多く58.8%、「名称も、意味も、知っている」は24.3%であった。

リスキリングの必要性を感じている人が約9割

 リスキリングの必要性を感じるかどうかたずねた。その結果、1位「かなり感じる」45.2%、2位「やや感じる」43.3%となり、約9割が必要性を感じていることがわかりました。

※「リスキリングとは、新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得するための学び直しのこと」と説明したうえでの調査

リスキリングが必要だと感じる理由、「仕事の幅を広げるため」が72%

※複数回答あり
※リスキリングの必要性を感じる人のみ

 リスキリングが必要だと思う理由は、1位「仕事の幅を広げるため(72.0%)」、2位「自分の市場価値を高めるため(61.1%)」、3位「自分がスキル不足だと感じるから(58.3%)」となった。

取り組んだことがあるリスキリング、「PC基礎」が最多で40.1%

※複数回答あり
※リスキリングに取り組んだことがある人のみ

 リスキリング経験がある人に、どのようなリスキリングに取り組んだことがあるかをたずねると、1位「PC基礎(40.1%)」、2位「語学(27.9%)」、3位「財務・経理(23.1%)」となった。

 なお、リスキリングに取り組んだことがある人は全体の45.6%、ない人は45.4%であった。

リスキリングへの取り組み後の変化、「とくに変わらない」が34%で最多

※複数回答あり
※リスキリングに取り組んだことがある人のみ

 リスキリング経験がある人に、リスキリングに取り組んだ結果どのような変化があったかをたずねると、もっとも多かったのは「とくに変わらない(34.0%)」となった。一方、2位「仕事の幅が広がった(28.0%)」、3位「仕事のモチベーションが上がった(25.6%)」と、プラスの変化が見られた人もいた。

<その他コメント>

  • スクールに入会したことで人脈が広がった(20代/エンジニア系/千葉)
  • 今の職場が嫌になったら我慢せずにすぐに転職できるというお守りになった(40代/事務・経理・人事系/大阪)
  • 自信が少しついた(40代/事務・経理・人事系/東京)
  • まだ途中なので成果はないが、新しい選択肢が増えると期待している(30代/クリエイティブ系/富山)

リスキリングに取り組んでいない理由、半数が「時間がない」と回答

※複数回答あり
※すでに取り組んだ(取り組んでいる)人を除く

 リスキリングが必要だと思うが取り組んでいない理由については、1位「時間がない(51.7%)」、2位「お金がない(50.0%)」、3位「何を学んでいいかわからない(44.3%)」となった。

取り組んでみたいリスキリング、「語学」「Webデザイン」「PC基礎」など

※複数回答あり
※とくにない人を除く

 今後取り組んでみたいリスキリングについてたずねると、1位「語学(38.5%)」、2位「Webデザイン(36.4%)」、3位「PC基礎(35.3%)」、4位「プログラミング(29.5%)」となった。「語学」を除いて上位はIT関連が多い様子が見てとれる。

 なお、今後取り組んでみたいリスキリングが「とくにない」と答えた人は全体の8.3%であった。

「産休・育休中のリスキリングが可能だと思う」は40%前後

 産休・育休中のリスキリングは可能だと思うかどうかをたずねたところ、もっとも多かったのは「可能だと思わない(37.1%)」となった。また、子供がいる人のみの調査では、「可能だと思わない」は45.9%とさらに高くなった。

約45%が「産休・育休中のリスキリング」に取り組むことに前向き

 産休・育休中に、リスキリングに取り組みたいと思うかどうかについては、「思う(取り組んだことはないが、機会があれば取り組みたい)」がもっとも多く36.8%となった。「思う(実際に取り組んだ)」は8.1%で、合わせると約45%の人が取り組むことに前向きであることがわかった。

リスキリングにかけてもいい費用、平均は「6,797円/月」

 リスキリングにかけてもいい月あたりの費用についてたずねたところ、「7,001~10,000円」がもっとも多く27.6%となった。次いで「3,001~5,000円(26.9%)」、「1,001~3,000円(12.0%)」と続き、平均は6,797円となった。

リスキリングにかけてもいい時間、「1~3時間未満/週」が最多で36.5%

 リスキリングにかけてもいい週あたりの時間については、「1~3時間未満」がもっとも多く36.5%となった。次いで「3~5時間未満(27.4%)」、「5~7時間未満(15.2%)」と続き、平均は3.4時間となった。0時間と答えた人は9.2%であった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4808 2023/05/24 06:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング