SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

社会のデジタル化、「積極層」は4割弱 生活への満足度などが意識形成に影響/Salesforceら調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 セールスフォース・ジャパンは、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター レジリエントシティ研究ラボおよびサイバーエージェント デジタルガバメント推進室と共同で、全国15歳~80代までの4,128名を対象に「社会のデジタル化に対する意識調査」を実施。調査結果を踏まえて統計分析および機械学習を用いた共同調査研究を行い、その結果を公開した。

調査概要

インターネットパネル調査
  • 調査主体:サイバーエージェント、セールスフォース・ジャパン、国際大学GLOCOM
  • 調査委託先:マクロミル
  • 調査時期:2022年6月24日~6月27日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査対象:全国15歳~89歳 4,128人

    (マクロミルのパネル30,875人を対象として、全国15歳~89歳の4,128人を人口構成比に基づく割当法により抽出)

    ※以下内訳/15~19歳:220人、20代:466人、30代:537人、40代:700人、50代:636人、60代:598人、70代:621人、80代:350人

調査結果

「年齢」や「生活への満足度」がデジタル社会への意識の形成に影響

 社会のオンライン・デジタル化の良し悪しと関心の有無、また自身がデジタル化についていけているかどうかをたずねた質問への回答をもとに、デジタル化への姿勢(積極的/消極的)を基準に「デジタル積極層」「中立層」「置き去り層」「反デジタル層」の4つの層に分類した。

  • デジタル積極層

     デジタル化に肯定的な意見を持っていて、自分自身がデジタル化の進展についていけていると回答した人(38%)

  • 置き去り層

     デジタル化に肯定的な意見を持っているが、自分自身はデジタル化の進展についていけていないと回答した人(13%)

  • 反デジタル層

     デジタル化に否定的な意見を持っている人(15%)

  • 中立層

     上記の3つの層のいずれにも属さず、「どちらでもない」という回答の目立つ中立的な意見の層(34%)

 社会のデジタル化への意識分類に影響を与える項目を、機械学習の一種であるランダムフォレストを用いて分析・抽出した。その結果、「年齢」「行政のオンラインサービス利用意向」「居住地域」「行政オンラインサービスの認知度」「生活への満足度」「職業」「世帯年収」「1日(平日)に最も時間を割いている活動」などの項目が上位となった。

デジタル社会への置き去りを改善するには「サポート体制」が重要

「行政のオンラインサービスの認知度」について各層の回答を見たところ、「使ったことがある」「使ってみたがその後使わなくなった」と回答した人の中で「デジタル積極層」が5割を占めた。一方、「使ってみようと思ったが分かりにくくて使えなかった」「オンラインでどのような行政サービスを提供しているか知らない」と回答した人では、「置き去り層」が約2割を占めた。

 どの点が充実・改善されれば使いたいと思うかたずねた。「デジタル積極層」の占める割合が高かった回答項目は「デザイン・操作性」、「置き去り層」の割合がもっとも高かった改善点は、「分からないことがあった場合のサポート体制」という結果になった。

民間オンラインサービス/行政オンラインサービスに対する意識や態度はデジタル積極層・消極層によって異なる

 行政のオンラインサービスを使うとしたらどのような理由であるかたずねた。「デジタル積極層」の割合がもっとも高かったのは「新しいサービスを使うのが好きだから」であり、「置き去り層」の割合がもっとも高かったのは「困った時に丁寧にサポートしてくれるなら使いたい」という結果になった。また、「反デジタル層」では「デジタルサービスはほとんど使わない」と回答した人の割合が約65%を占めた。

理想の暮らしはデジタル積極層と消極層で異なる

 理想の生活についてたずねたところ、「デジタル積極層」の割合が高かった回答項目は「祭りやイベントに触れる暮らし」や「ワークライフバランス」の取れた暮らしとなった。一方、「置き去り層」の割合が高かったのは「地域の人とつながる暮らし」や「医療・介護サービスへのアクセスがしっかりしている暮らし」、「反デジタル層」の割合が高かったのは「家族みんなが幸せな暮らし」という結果になった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4092 2022/10/13 06:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング