SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

eセールスマネージャーに、継続的な企業接点の維持や商談発掘の実現をサポートする新機能

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ソフトブレーンは、「eセールスマネージャー」に継続的な企業接点の維持や商談発掘の実現をサポートする新機能を追加し、2018年12月3日から提供開始した。

 本機能を利用すると、過去に提案した商材や既に導入済みの商材データを基に、商談時期が近づくと自動的に商材がリストアップされるようになる。

 これにより、過去に接点を持ったことがある企業に対し、商材データに基づいて今商談に行くべき企業がわかるため、計画的かつ適切なタイミングでの商談が可能となる。

 一般的なCRM/SFAは、新規顧客開拓を案件単位で営業を行う「案件型営業」には有効だが、継続的な企業接点の維持や、継続的な商談発掘を必要とされるような営業スタイル、具体的には機器や車両を納品した後のメンテナンスや部品交換、リプレースなどのアフターフォローのような営業スタイルにはフィットしにくいとされてきた。

  このような営業スタイルでは販売管理システムを使った管理が多く見られるが、その場合、納入後の商材管理(いつ・どこで・何が対象となるか)はできるものの、その後のアフターフォロー状況や商談の進捗、懸念までを管理する機能は弱いのが実状だった。そのため、営業活動のマネジメントが行いにくく、既存顧客との継続的な関係づくりのためのPDCAをうまくまわすことができずにいたことが背景にある。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/148 2018/12/03 21:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング