SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

オンラインでも伝わる! 「言葉に体温を乗せる」テレワークのテキストコミュニケーションの極意

 コロナ禍で急激に進んだテレワーク。新しい働き方として定着しつつありますが、システム整備や社内コミュニケーション、マネジメントの悩みを抱えている企業も少なくありません。本連載では、創業時からテレワークの働き方を推進してきたニット・小澤美佳さんが400人フルリモートの実践を教えてくれます。第5回のテーマは「テキストコミュニケーション」。テレワーク時代におけるテキストコミュニケーションの重要性から、今すぐ実践できるテクニックなど、「テキスト」にまつわるトピックを幅広く解説いただきました。

テレワークではテキストコミュニケーションが主流

 2度めの緊急事態宣言が発出されましたが、昨年の発出時より「テレワーク」という働き方に慣れてきた方も多いのではないでしょうか。

 テレワーク下においては、テキストコミュニケーションが主流です。カオナビ社が実施した調査では、テレワーク下でマネジメントを行ううえでの工夫を尋ねると、「テキストコミュニケーションの活性化」の割合が多くなっていることが分かります。

「リモートワーク実態フォロー調査レポート」(カオナビHRテクノロジー総研)

 今回は具体例を交えながら、テレワーク下でコミュニケーションを行ううえで留意するべき点、そして、今すぐにでも実践できるノウハウをお伝えします。

「テキストメッセージでは思いが伝わりにくい」。こうした考えをお持ちの方は少なくありません。しかし、言葉に体温は乗せられるか? という質問を投げかけられたとしたら、私は「乗せられる」と答えます。

 とはいえ、思考や思いなどの「考え」は、言葉にせずに自分の中に留めたままでは、ほかの人にとっては存在しないも同然。思ったことは言葉にするべき、というのが私の考えです。同時に、使う言葉によって、印象が180度変わってくるからこそ、発信するうえでは、言葉選びは慎重に行わなければならないと常日頃感じています。私自身、自分が「言葉を発する」うえで気をつけているのは、次の4点です。

  • 選定するワード
  • 話し方(抑揚、緩急など)
  • 発言のタイミング
  • 伝える「思い」の強さ

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5