SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

職場の人間関係は「62点」、不満を感じる相手は「上司」がトップ/女の転職type アンケート調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 キャリアデザインセンターは、同社が運営する転職サイト「女の転職type」にて、女性749名を対象に、「職場の人間関係」についてアンケートを実施した。

 
調査概要
  • 調査内容:第60回「職場の人間関係について」/データで知る「女性と仕事」
  • 調査期間:2022年11月1日~11月13日
  • 有効回答数:749名
  • 調査対象:「女の転職type」会員
  • 調査方法:Web上でのアンケート

※調査データ(グラフ)は、小数点第2位以下は四捨五入しているため、合計しても100にならない場合がある。

Q.1 職場の人間関係、ずばり何点?
※70点が合格ラインとして回答
※離職中の人は直近の職場で回答

「女の転職type」会員に、現在の職場の人間関係に点数をつけるなら何点かをたずねると、もっとも多かったのは「70~89点」(38.5%)で、平均は62.0点となった。合格ラインである70点を上回った人は46.1%で、不合格である69点以下は53.9%とやや不合格が多い結果に。

Q.2 職場の人間関係で、不満を感じる相手は誰?
※複数回答

 職場の人間関係で不満を感じる相手については、1位「上司」(57.0%)、2位「先輩」(27.2%)、3位「同僚」(25.2%)となり、上司が突出していた。そのほかのコメントとしては、「人事」「会長」「パートさん」などが挙がった。

 なお、「不満を感じる相手はいない」と回答した人は13.1%で、約9割の人が職場に不満を感じる相手がいるという結果となった。

Q.3 Q.2で選んだ相手に対して、どんな不満を感じる?
※Q.2で「不満を感じる相手はいない」と回答した人は除く
※複数回答

 Q.2で選んだ相手に対して、どのような不満を感じるかについては、1位「信頼できない」(52.3%)、2位「尊敬できない」(49.8%)、3位「価値観・性格が合わない」(48.8%)となった。

 そのほかのコメントとしては、「常にため息をついており、不機嫌」「男尊女卑の傾向がある」「親会社からの腰掛け異動で、会社を長期的に成長させるビジョンがない」などが挙がった。

Q.4 職場で「出会えてよかった」と思える相手はいる?
※複数回答

 職場において、これまで「出会えてよかった」と思える相手はいるかどうかをたずねると、1位「同僚」(54.9%)、2位「先輩」(46.9%)、3位「上司」(40.2%)となった。

「出会えてよかったと思える相手はいない」は10.1%で、約9割の人が出会えてよかったと思える相手がいるという結果となった。

※複数回答

 また、「不満を感じる相手」と「出会えてよかった相手」を比較してみた。その結果、「同僚」や「先輩」「後輩」は、「出会えてよかった相手」としての回答数が「不満を感じる相手」としての回答数の約2倍となっており、逆に「上司」や「社長」は「不満を感じる相手」としての回答数が上回る結果となった。近い立場で気持ちを共有できる相手か、そうでないかによりこのギャップが生まれていると推測できる。

Q.5 「出会えてよかった」と思える理由は?
※複数回答

 Q.4で選んだ相手に対して、「出会えてよかった」と思える理由についてたずねると、1位「信頼できる」(69.7%)、2位「尊敬できる」(59.8%)、3位「仕事ができる」(56.5%)となった。

 そのほかのコメントとしては、「辛い時に支えあえる」「こんな生き方もあるんだと知れた」「配偶者になった」などが挙がった。

Q.6 人間関係がきっかけで転職を考えたことある?

 人間関係がきっかけで転職を考えたことはあるかについては、「ある(実際に転職した)」がもっとも多く48.9%で、「ある(実際に転職はしていない)」29.5%を含めると78.4%にのぼった。

Q.7 転職して人間関係の不満は改善した?

 Q.6で「ある(実際に転職した)」と回答した人に、転職して人間関係の不満は改善したかどうかをたずねると、「やや改善した」(38.0%)がもっとも多く、「かなり改善した」(32.1%)を含めると70.1%の人が改善していると回答した。

「あまり改善しなかった」「まったく改善しなかった」人は15.8%となり、多くの人が転職で人間関係がよくなっていることがわかる。

Q.8 改善しなかった理由は何?
※複数回答
※Q.7で「あまり改善しなかった」「まったく改善しなかった」と回答した人

 Q.7で「改善しなかった」と回答した人に、改善しなかった理由をたずねると、「実際に働いてみないと分からないことだった」(79.0%)がもっとも多く、次いで「相性が悪かった」(40.3%)、「運が悪かった」(32.3%)が続いた。

Q.9 職場の人間関係を円滑にするために努力していることは?
※複数回答

 職場の人間関係を円滑にするために努力していることは、1位「こまめに報告、連絡、相談する」(88.1%)、2位「積極的にコミュニケーションを取る」(83.6%)、3位「相手の立場になって考える」(82.8%)となり、大多数の人が努力していることがわかった。

 そのほかのコメントとしては、「とにかく笑顔」「悪口をいわない、悪口に同調しない」「職場の愚痴はプライベートで吐き出す」などが挙がった。多くの人が職場において、仕事以外に人間関係においても気を配っている様子がわかった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4343 2022/12/13 06:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング